「XPOWER」は、CES ASIAの2016年ファイナリスト、インテリジェントパワーシステム|上海

「XPOWER」は、従来の空間デザインを一気に変えるパワーを秘めたガジェットだ。インテリジェントパワーシステムを構築するという企業理念のもと、2016年CES ASIAのファイナリスを獲得。サンプルを試したが想像以上の優れものだ!

  •  CES ASIA 2016の最優秀賞部門でファイナリスト 

ITガジェットマニアならCESというラスベガスで行われる見本市をご存知だろう。実はこのCESは地域に特化したアジア大会も開催されている。2016年上海で開催されたCESにおいて「XPOWER」は見事Best CES ASIAいわゆる頂点である最優秀部門のファイナリストを獲得した。そのファイナリストを獲得した際のスマートコンセント「XPOWER」を体感する機会を頂戴した。http://www.cesasia.cn/

 

  • 自分の好きな場所から電源を取れる。好きな場所にコンセントを配置できる。

 

XPOWER 2 XPOWER COSTA

このコンセントプラグを部屋のどこでも好きな場所に設置し、その場所が電源プラグになるというわけだ。そのワケは事前に電気を通すSkirting board (建築用語、日本語では「幅木」=壁と床の取り合い部に設ける部材) を空間に配置して部屋のデザインに調和させてしまう仕組みだ。幅木が設置された場所ならどこでも良いので、後付けタイプのコンセントを装着する。そうすればその場所がコンセントになるというわけだ。まさにスマートコンセント。自分の好きなように、コンセントの場所を変更できる優れものなのだ。

実際にサンプルを活用して見ると実用性にも優れ、加えてファッション性も豊かである。「XPOWER」を活用したシェアオフィスや喫茶店などがあれば、たちまち便利なお店として話題を集めるに違いない。他店とはちょっと違ったオシャレなお店としてアピールできるだろう。会議室やシェアオフィスなど、人数によって机のレイアウトを変更する場合などは、スマートコンセントとして抜群の力を発揮するだろう。

XPOWER XPOWER XPOWER

X POWER TABLE X POWER X POWER

 

  • 「XPOWER」幅木60CM, コンセントプラグ、USBプラグ 3つ合わせて299元(日本円で5000円程度)

どこでもコンセントになるスマートコンセントを発売したのは上海に本社を置く相興科技有限公司(SHANUTEC)という会社だ。CESでの受賞もあり中国国内はもちろん海外からの引き合いが殺到しているという。

お試しセットは、60CM幅木、コンセントプラグ1個、USBプラグ1個の三点をセットにしたパッケージで299元(日本円で5000円程度)だ。もちろん、空間デザインによって必要なものを必要なだけオーダー出来るカスタマイズ販売に対応している。カーブや角にも全く問題なく対応してくれるので心配する必要ない。

XPOWER

相興科技有限公司:(SHANUTEC)は、もともとスマート空間のプロデュースを専業とする会社で、コンセント以外にも様々な商品を販売している。コンセントだけでなくUSBプラグ、スピーカー、ライトスタンドなども、幅木にはめ込むだけですぐに活用できる兄弟製品を提供している。

今後もはめ込むだけのオシャレ感満載のスマート製品をどんどん商品化していく予定だという。直感的に、日本でも人気が出る予感がする優れものガジェットだ。