ウォルマートの「Intelligent Retail Lab(IRL)」はAmazonGoと別戦略!人工知能で在庫管理!

4/25 ウォルマートが最初の人工知能活用型スーパーマーケット「Intelligent Retail Lab(IRL)」をニューヨークにオープンさせた。4600平米もの巨大店舗には3万もの商品アイテムが配置されている。店内の天井には、AmazoGo同様、多数の人工知能搭載カメラとセンサーが設置されている。これらの人工知能カメラの見つめる先はユーザーではなく在庫だ。

 

ウォルマートの人工知能活用型スーパー「Intelligent Retail Lab(IRL)」 の仕組みとは!

4/25、ウォルマートは人工知能を活用した同社初となるスマートリテール店舗としてニューヨークのロングアイランドに「Intelligent Retail Lab(IRL)」をオープンさせた。

(写真はウォルマート提供公式ビデオより)

 

人工知能を活用したスマートリテール店舗としては、アマゾンが展開するレジなしコンビニ「AmazonGo」が先行しており、既にアメリカ国内で10店舗オープンさせている。今回、AmazonGoを追随する形でウォルマートがオープンした「Intelligent Retail Lab(IRL)」もAmazonGo同様に人工知能を活用しており、天井には無数の人工知能カメラやセンサーが配備されている。

(写真はウォルマート提供公式ビデオより)

しかしながら、AmazonGoが「Just WalkOut!」を標榜し、店内にレジを設置していないのとは異なり、ウォルマートの「Intelligent Retail Lab(IRL)」では通常通り店内にレジが設置されており「Just WalkOut!」戦略は取られていない。

(写真はウォルマート提供公式ビデオより)

 

実は、「Intelligent Retail Lab(IRL)」に搭載された人工知能カメラはユーザーの店内での行動や商品購入プロセスを監視するものではなく、在庫管理のために活用されており商品棚の商品欠品が発生、あるいは、野菜は肉類などの生鮮食品の鮮度が落ち賞味期限に問題が発生しそうになると、人工知能カメラがそれを探知し店内スタッフに在庫確認アラームを発するのだという。店舗スタッフの数は、現時点では他店ウォルマートと同様100名体制で店舗運営が行われているのだという。

(写真はウォルマート提供公式ビデオより)

いずれにせよ、ウォルマートがAmazonを追随する形でスマートリテール分野に参入した点は非常に興味深い。両社の戦略はそれぞれ異なるものの人工知能などの先端テクノロジーをリテール分野に活用しようと研究開発を強化していることは同様のトレンドである。今後、各国が最先端技術を活用してリテール分野をテクノロジーでアップグレードしていくことは間違いなく、当サイト(GloTechTrends)としても、様々な取り組みを皆様にご紹介していくつもりである。

Facebook
Twitter
Email
Print