無人化

【アリババニューリテール戦略の全貌】第1回:オンラインとオフラインの融合、これぞ新しい小売「O2Oの最先端」だ。

アリババは、2016年末にO2O戦略の新しいコンセプトとして「ニューリテール」戦略を発表し世間を驚かせた。今までベールに包まれていた「ニューリテール」だが、昨日の記者会見でその一部が明らとなった。オンラインとオフラインの融合、O2Oビジネスの最先端事例となりそうな予感だ。 [...]

8月22日アントフィナンシャルが店舗の無人化をサポートする新ビジネスを発表|アリペイ

自分の店舗の無人化が可能となるかもしれない。顔認証による出入店管理、画像認証技術による購入商品把握、自動支払システム、防犯対策などアントフィナンシャルが提供する新サービスを活用すれば、8時間営業の個人店舗が24時間営業無人化+キャッシュレスのローコスト体質に生まれ変わるかもしれない。 [...]

【無人化】 深センIOT国際展示会、実用化が進むスマートホーム Miotlink/中国

深センのIOT国際展示会でメインを占める話題はなんといってもスマートホームの実現である。中でも目立つのは、フルセットのスマートホーム化のサービスを提供するブースだ。スマートロックなどの単体商品で勝負するのではなく、一気に一軒丸ごとスマートホーム化を実現、これが新しいトレンドだ。 [...]

【無人化】深センIOT国際展示会で発見したウェイトレスロボット、無人レストランの実現可能性

無人化が進む中で、ウェイトレスが必要とされない時代はやってくるのか?中国のレストランで、座席につくとQRコードでメニューをスキャンし、スマホからオーダーする仕組みも段々普及してきている。IOT国際展示会で発見したウェイトレスロボットと合わせてレポートする。 [...]

RFIDタグが廉価に製造できる時代へ突入。無人化、キャッシュレス社を促進するか? 深セン|中国

RFID(Radio frequency Identification)がいよいよ普及する時代へと突入しそうな気配だ。今回訪問中の深センIOT国際展示会において、その会場の三分の一がRFID関係、製造コストも廉価となり無人コンビニに代表される無人化社会の到来を加速させる可能性が高い。 [...]

深センでシェア充電器「来電」の使用体験 アリペイの芝麻信用600でデポジット無し! 来電|中国

次なるシェア自転車として期待の高まる「シェア充電器」。まさかシェア自転車がこれほどの急展開をするわけが無いとシェア自転車に投資しなかった投資家たちが、今「シェア充電器」ビジネスに群がっている。深セン本社「来電」。今回アリペイと芝麻信用のサービスを使って来電のサービスを試してみた。 [...]