無人化

搾りたてオレンジジュース自動販売機が密かにブーム、毎月400万カップ、年間5万トンのオレンジを消費する巨大マーケットに成長 

中国で5年の歳月をかけて搾りたてオレンジジュース自動販売機のマーケットを作りあげた企業がある。上海を拠点とする上海巨昴投资有限公司。毎月400万杯のオレンジジュースを販売する企業である。今回、新規調達した4億元(68億円)で暖かい軽食自動販売市場にも進出する。 [...]

RFIDタグの弱点まとめ、RFIDタグは、無人コンビニを実現する終着手段ではない?

日本では今年4月経済産業省が「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」を発表しRFID導入の機運が高い。しかし、RFIDタグ無人コンビニの代表格である「BINGO BOX」CEOは、その経験からRFIDの問題点を明確に炙り出している。日本勢はRFIDタグの問題点を解決できるのだろうか。 [...]

10/17に京東も「無人コンビニ」参入、主流のRFIDタグから「画像認証」+「重量認証」へのトレンドシフトの兆候か?

最近では無人配達で知名度が増している京東(ジンドン)が、無人コンビニ業界へ参入した。テクノロジー開発を担当するのは、完全無人配達事業を手掛けるテクノロジー中枢「京東X事業部」である。無人コンビニがまた一歩進化しそうな予感だ。 [...]

京東のドローン活用完全無人化デリバリー戦略 完全無人物流センター

中国人が狂ったように買い物をする独身の日(11/11)がもうすぐやってくる。11/11-16日に配達される小包の数は11億個にのぼると推測されている。もはや有人で処理する限界に近づいている。この物流量を迅速に配達するには完全無人化物流システムを作り上げる他ない。 [...]

中国で一般化しつつある宅配小包に個人情報を記載しないデリバリー、10月14日から配達業者大手「顺豊エクスプレス」がスタート

中国物流では、受取人個人情報を配達人が確認できない配達の仕組みが主流になりつつある。送り状には、名前、住所、電話番号などの個人情報を記載せず、記号化されたコードが並ぶ。中国で個人情報の取扱いが急速に厳格化している。 [...]

シェアスポーツジムは次なるシェア自転車か?既に10社参入で競争激化。スポーツジムも無人化の時代?

今年3月から「ミーパオ」「パークボックス」と言った無人シェアスポーツジムが急増中だ。背景には、国民の運動習慣を促進したいという中国政府の方針があり、巨額資金がシェアスポーツジム市場に舞い込んでいる。さあ、シェアスポーツジムは、次なるシェア自転車になれるだろうか? [...]

Elementor #2020

10月9日に京東(JINGDONG.com)は、上海市嘉定区において完全無人化を実現する倉庫をオープンした。この物流センターは、面積は4万平方メートルに及ぶ巨大倉庫で、荷受、保管サービス、受注管理、ピッキング及びパッキングという全ての工程で完全無人化を実現してしまうという。 [...]

IOT時代のホテルビジネス アリババが世界最大ホテルグループ「マリオット」と提携しスマートホテルの実験開始。

日本では今やIOTデバイスやロボットが一般化しつつあり「&AND HOSTEL」などの宿泊施設でもスマートキー「Qrio」などのIOTを活用したスマートホテルが誕生している。さて、中国でもアリババがマリオットと提携し9月20日にウェスティン海南島三亜でスマートホテルの実験を開始した。 [...]