無人コンビニ

「Amazon GO」を超えるのか?9/24無人コンビニ「Take Go」運営企業「Deepblue Tech」が資金調達に成功、手のひら認証だけで買い物が完結

アプリもスマホも不要のハイエンド無人コンビニ「Take Go」の開発が順調に進んでいる。Amazon Goより凄い技術力なのかもしれない。 数千万元の資金調達に成功しプロモーションビデオも完成した。RFIDタグもスマホもアプリ不要だ。無人コンビニの進化が止まらない。 [...]

中国商務部が無人コンビニの拡大をバックアップを表明、ビッグデータを活用して小売店の改革へ

中国商務部のスポークスマンが9/21日に公式発表を行い、無人コンビニ拡大のためのサポートを約束した。無人コンビニから得られるビッグデータにより小売店の効率化を加速するのが狙いだ。中国の無人コンビニは大きく分けて3つのタイプ。 [...]

【無人コンビニ時代の到来】中国無人コンビニでほぼ盗難ゼロのその秘密、「盗難したら損」の状況を見事に構築|BINGO BOX

無人コンビニの話題が世界を駆け巡っている。GlotechtrendsでもAmazon GO, タオカフェ、BINGO BOX,  WELL GOなどを既に取り上げ最先端に技術をレポートしている。今回は、無人コンビニの防犯システムについて特その最前線をレポートしたい。 [...]

中国版オフィス置き菓子「小e微店」、この分野にもキャシュレス決済とビックデータの活用が及ぶ|小e微店

2017年から中国では「オフィス置き菓子」の分野が新しいVCの投資先として熱気を帯びている。2017年1-7月の資金調達金額は、述べ25ラウンド28億中国元(日本円で450億円程度)に及ぶ。「小e微店」と「CITYBOX」のビジネスモデル事例をレポートする。 [...]

【アリババニューリテール戦略の全貌】第1回:オンラインとオフラインの融合、これぞ新しい小売「O2Oの最先端」だ。

アリババは、2016年末にO2O戦略の新しいコンセプトとして「ニューリテール」戦略を発表し世間を驚かせた。今までベールに包まれていた「ニューリテール」だが、昨日の記者会見でその一部が明らとなった。オンラインとオフラインの融合、O2Oビジネスの最先端事例となりそうな予感だ。 [...]

RFIDタグが廉価に製造できる時代へ突入。無人化、キャッシュレス社を促進するか? 深セン|中国

RFID(Radio frequency Identification)がいよいよ普及する時代へと突入しそうな気配だ。今回訪問中の深センIOT国際展示会において、その会場の三分の一がRFID関係、製造コストも廉価となり無人コンビニに代表される無人化社会の到来を加速させる可能性が高い。 [...]

シンガポールでもキャッシュレス無人コンビニ第1号店「Cheers」が開業へ 無人化 | シンガポール

世界中で、キャッシュレス無人コンビニの開業競争が熱い。GlotechTrendsが拠点とするシンガポールにも無人コンビニがオープンした。「Cheers」は、南陽工業大学のキャンパス内に第1号店舗をオープンし、キャッシュレスでの支払いカウンターとファーストフード自動販売機を組み合わせた無人コンビニで、今後の多店舗展開を目論んでいる。 [...]