無人化

杭州の国立公園の一角で5Gを活用したL4自動運転バス運行がスタート!

4/23、杭州郊外に位置する杭州湘湖国家観光リゾート特別区で中国移動の5G通信網を活用したL4での自動運転バスが運行された。この日はテスト運行が行われ正式には6月末に一般乗車開始が予定されている。中国でも多くの産業が5Gと融合し新しいサービスが開始されようとしている。 [...]

アリババ城下町である杭州「未来科技城」に太陽光発電を活用したスマートバスステーションがスタート!

テクノロジー化が進められているアリババ城下町である杭州の「未来科技城」であるが、今後は太陽光発電をベースとしたスマートバス停の仕組みに全面的に切り替えられるようだ。既に3つのバス停がスマートバスステーションにアップグレードし、5月末までにさらに同地区の25個のバス停でアップグレード工事が終了する見込みだという。 [...]

中国で昼有人と夜無人を融合した「二刀流コンビニ」が誕生!セブンイレブン24時間運営のヒントになる?

3/6、日本経済新聞によるとセブンイレブンジャパンは、24時間営業に固執せず直営店とフランチャイズ店の双方で時短営業実験を行う方針を示した。東大阪店舗の要求が受け入れられた形であるが問題の根本は深刻だ。さて、中国で夜間だけ無人オペレーションに切り替える「二刀流コンビニ」が誕生し目から鱗だ! [...]

杭州のアリババ本社近くにハイテクを活用した未来ホテル「FlyZooHotel」が12月にオープン!

アリババが2年以上前から計画していた近未来型のホテル「Fly Zoo Hotel 」(中国名/菲住布渴)がいよいよ12月にオープンする。ロボットガイド、顔認証による施設解錠、AIスピーカーによる室内家電の調整、随所に先端テクノロジーが搭載されている。 [...]

【雲栖大会(The Computing Conference)】探訪記③ 盒馬鲜生(ファーマーションシェン)がスマートキャッシャーReXPOSを発表!

9/19雲栖大会(The Computing Conference)において盒馬鲜生CEOである侯毅(ホウイー)が登壇し、人工知能を活用したスマートキャッシャーReXPOSを発表した。自社の業務効率化を実現すると同時に、このReXPOSを活用し他のリテール店舗の無人化をサポートすることも発表された。 [...]

元祖コンテナ型無人コンビニ「BINGO BOX」が日本進出? 1000店舗目標を掲げるが大苦戦を予想!

昨年の夏頃、中国で一斉風靡したコンテナ型無人コンビニという類型があった。代表格が北京に拠点を置くBONGOBOXである。そのBONGOBOXが北海道を中心に1000店舗の開業を目指すという。AmazonGoに代表されるJustWalkout型無人コンビニが主流となる中で時代遅れではないのか? [...]