wechatpay

中国キャッシュレス社会に置き去りにされる外国人と観光客でもアリペイ口座開設を行う方法 

中国デジタル革命はアリペイやWeChatPayのモバイル決済を前提として設計されている。数年前までは観光客でも銀行口座開設手続きができ、アリペイ口座開設できた。今は完全に状況が異なる。外国人がアリペイ口座を開設する手続きをまとめておきたい。 [...]

中国版全銀ネットシステムのスタート!?4月1日ユニオンペイ(銀嶺)=とWechatPayがQRコード業務提携を発表!

自由に活動できていた中国第三者決済アリペイ、We ChatPayに「中国版全銀ネット」とも言える政府規制が入る。第一弾として銀嶺(インレイ)とWeChatayが業務提携。今度アリペイの追随も必須であろう。複雑怪奇な新規制を確認しておきたい。 [...]

アリペイとWeChatPayが高速道路料金所の無人化実験開始!料金所の従業員は突如として失業危機に直面!?

中国の無人化導入に関するニュースは加速するばかりだ。2018年1月からアリペイとWeChat Payが相次いで高速道路料金所の無人化実証実験を開始した。無人化に直面した人々は失職の不満を口にするが、この流れはもう誰にも止められない。 [...]

中国シェア自転車を巡る企業競争はリタイア続出で終了へ。生き残ったのは予想通り「Ofo」と「Mobike」の2社だけ

わずか数ヶ月前まで群雄割拠の大競争が繰り広げられた中国シェア自転車業界であるが大方の決着がついたようだ。60社以上の中小企業が倒産しテンセント陣営「Mobike」とアリババ陣営「Ofo」の2社だけが生き残った。いったいシェア自転車ブームとは何だったのであろうか? [...]

【キャッシュレス社会のデメリット】第1回 中国のキャッシュレス社会はガチガチの監視社会!?あなたはいつでもどこでも監視される覚悟はあるか?

中国で急速に進んだキャッシュレス社会だが、そのデメリットや弊害の部分も明らかになりつつある。数回に分けてキャッシュレス社会のデメリットを特集し問題点をあぶり出したい。第1回目の今回は「プライバシー問題」について考察したい。 [...]

アリババとテンセントで加速する多角化戦略「選択と集中」を無視した企業戦略は暴走なのか?それとも新しいビジネスモデルの誕生なのか?

アリババとテンセントの本業の好調が続き、その利益で新分野への投資が加速している。金融、エンタメ、Eコマース、医療、ホテルなど広範な領域に及ぶ。「選択と集中」を説いた経営の神様ピータードラッカーが生きていたら、なんという言葉でこのビジネスモデルを評価するだろうか? [...]

人民銀行(中央銀行)が「網聯=ワンリェン」という中国版「全銀ネット」の導入を発表した。2018年6月30日から運用開始だ。アリペイやWeChatPayへの影響はいかに?

 自由度の高いアリペイやWeChatpayの仕組みにとうとう中国政府が規制を入れる。2018年6月30日から中国版「全国銀行データ通信システム」(全銀ネット)の運用開始で日本の仕組に近づく。これはキャッシュレス社会を拡大するものか、あるいは阻害するものか? [...]

騰訊(テンセント)WeChatpayに金利がつく「零銭通」、信用スコアサービス「騰訊信用」巨大Fintech企業化が鮮明に|テンセント

Eコマース分野で創業したアリババは、アントフィナンシャルをグループに抱え既に巨大Fintech企業となった。一方、テンセントはSNSやゲーム分野で創業した巨大企業だが急速に金融色を強めている。両社は、FIntech企業として世界への影響力を強めている。 [...]