RFID

元祖コンテナ型無人コンビニ「BINGO BOX」が日本進出? 1000店舗目標を掲げるが大苦戦を予想!

昨年の夏頃、中国で一斉風靡したコンテナ型無人コンビニという類型があった。代表格が北京に拠点を置くBONGOBOXである。そのBONGOBOXが北海道を中心に1000店舗の開業を目指すという。AmazonGoに代表されるJustWalkout型無人コンビニが主流となる中で時代遅れではないのか? [...]

キャッシュレス社会でATMが不要に!12/22 杭州では不要となったATM用地を活用した無人コンビニが開業!

中国で最もキャッシュレス社会が進化している杭州で、銀行ATMを廃棄する動きが進んでいる。12/22日、杭州几禾(jihe)科技は元ATM空間を活用した無人コンビニ(7.7未来コンビニ)の一号店を開業した。キャッシュレス社会でATM廃棄のトレンドが加速するのだろうか? [...]

RFIDタグの弱点まとめ、RFIDタグは、無人コンビニを実現する終着手段ではない?

日本では今年4月経済産業省が「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」を発表しRFID導入の機運が高い。しかし、RFIDタグ無人コンビニの代表格である「BINGO BOX」CEOは、その経験からRFIDの問題点を明確に炙り出している。日本勢はRFIDタグの問題点を解決できるのだろうか。 [...]

10/17に京東も「無人コンビニ」参入、主流のRFIDタグから「画像認証」+「重量認証」へのトレンドシフトの兆候か?

最近では無人配達で知名度が増している京東(ジンドン)が、無人コンビニ業界へ参入した。テクノロジー開発を担当するのは、完全無人配達事業を手掛けるテクノロジー中枢「京東X事業部」である。無人コンビニがまた一歩進化しそうな予感だ。 [...]

RFIDタグが廉価に製造できる時代へ突入。無人化、キャッシュレス社を促進するか? 深セン|中国

RFID(Radio frequency Identification)がいよいよ普及する時代へと突入しそうな気配だ。今回訪問中の深センIOT国際展示会において、その会場の三分の一がRFID関係、製造コストも廉価となり無人コンビニに代表される無人化社会の到来を加速させる可能性が高い。 [...]