IOT

アリババ主催ビジネスコンテスト「Create@」で躍動した日本スタートアップ! ①「木のぬくもりを感じる優しいIOTデバイス」mui Lab(京都)

mui Labは京都に本社を置くユニークなIOTデバイス開発企業。「Create@」ファイナルでは共同創業者の廣部延安氏が熱いピッチを展開!mui Labの語源となる無為は自然との調和を唱える中国老荘思想(自然無為)と共通点を持ち中国の観客からも大きな共感を呼んだ。 [...]

アリババが自社の小型衛星「天猫国際号」を打ち上げへ!アリババが宇宙事業参入に強い関心を示している!

毎年恒例となったアリババのEコマースの祭典11/11(独身の日/ダブルイレブン)がやってくる。10/22、アリババの発表では11/5-10までの期間自社の小型衛星「天猫国際号」を活用したユーザーと宇宙との交信実験を開始するという。アリババが宇宙事業に強い関心を示し始めた。 [...]

【アリババのニューマニュファクチュア戦略の全貌】第1回IOT+人工知能+クラウドコンピューティング+モバイルアプリの融合?

2018年の雲栖大会(The Computing Conference)は、2016年同様に再びジャック・マーから新時代の幕開けを予感させる大コンセプト「ニューマニュファクチュア(新しい製造業)」が発表された。ニューリテール戦略の次なるアリババのターゲットは製造業だ。 [...]

AIとIOTを融合した「AIOT」分野のパイオニア!ユニコーン企業「TuyaSmart」のIOTプラットフォーム戦略とは?

TuyaSmartというIOTサービスを展開する中国のユニコーン企業をご存知だろうか?TuyaSmartが展開するのは人工知能を活用した双方向対話型のグローバルIOTプラットフォームである。この仕組みを活用すれば低コストで容易に製品のIOT化が可能なため世界の注目を集めている。 [...]

IOT時代のホテルビジネス アリババが世界最大ホテルグループ「マリオット」と提携しスマートホテルの実験開始。

日本では今やIOTデバイスやロボットが一般化しつつあり「&AND HOSTEL」などの宿泊施設でもスマートキー「Qrio」などのIOTを活用したスマートホテルが誕生している。さて、中国でもアリババがマリオットと提携し9月20日にウェスティン海南島三亜でスマートホテルの実験を開始した。 [...]

【無人化の衝撃】ロボット活用の完全無人駐車場で40%効率アップ、2017年末にも実用化|HIKVISION

大型のショッピングモールで駐車場の空きスペースを見つけるために何度も車で巡回した経験は誰もがあるはずだ。このロボットを導入されば、ドライバーは、定められた場所に停車するだけで、後はロボットが出入庫の全てを行なってくれるようになる。 [...]

【無人化】 深センIOT国際展示会、実用化が進むスマートホーム Miotlink/中国

深センのIOT国際展示会でメインを占める話題はなんといってもスマートホームの実現である。中でも目立つのは、フルセットのスマートホーム化のサービスを提供するブースだ。スマートロックなどの単体商品で勝負するのではなく、一気に一軒丸ごとスマートホーム化を実現、これが新しいトレンドだ。 [...]

RFIDタグが廉価に製造できる時代へ突入。無人化、キャッシュレス社を促進するか? 深セン|中国

RFID(Radio frequency Identification)がいよいよ普及する時代へと突入しそうな気配だ。今回訪問中の深センIOT国際展示会において、その会場の三分の一がRFID関係、製造コストも廉価となり無人コンビニに代表される無人化社会の到来を加速させる可能性が高い。 [...]