無人コンビニ

中国無人コンビニが日本上陸!?手のひら認証コンビニ「Take Go」運営企業「Deepblue Tech」のCEOがイオンとの提携を示唆!?

進化が進む中国の無人コンビニ業界であるが、どうやら日本への進出を真剣に検討しているようだ。手のひら認証だけで買い物が完結する無人コンビニ「TakeGo」の CEOが微信のモーメントを更新しイオンという具体名を出し日本進出をほのめかした。日本上陸は近いかもしれない。 [...]

アリババニューリテール戦略の中核「盒馬鲜生」がコンビニ進出、温かい料理を提供するコンビニ誕生へ!

アリババ「ニューリテール戦略」の中核「盒馬鲜生」(ファーマーションシェン)11月末にも新型コンビニ「F2」をオープン予定。オフィス密集地帯でスマホから予約、温かいお弁当や焼きたてパンなど出来立ての飲食を提供する店舗。無人コンビニではない新しいアップグレードコンビニが拡大する気配。 [...]

搾りたてオレンジジュース自動販売機が密かにブーム、毎月400万カップ、年間5万トンのオレンジを消費する巨大マーケットに成長 

中国で5年の歳月をかけて搾りたてオレンジジュース自動販売機のマーケットを作りあげた企業がある。上海を拠点とする上海巨昴投资有限公司。毎月400万杯のオレンジジュースを販売する企業である。今回、新規調達した4億元(68億円)で暖かい軽食自動販売市場にも進出する。 [...]

RFIDタグの弱点まとめ、RFIDタグは、無人コンビニを実現する終着手段ではない?

日本では今年4月経済産業省が「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」を発表しRFID導入の機運が高い。しかし、RFIDタグ無人コンビニの代表格である「BINGO BOX」CEOは、その経験からRFIDの問題点を明確に炙り出している。日本勢はRFIDタグの問題点を解決できるのだろうか。 [...]

10/17に京東も「無人コンビニ」参入、主流のRFIDタグから「画像認証」+「重量認証」へのトレンドシフトの兆候か?

最近では無人配達で知名度が増している京東(ジンドン)が、無人コンビニ業界へ参入した。テクノロジー開発を担当するのは、完全無人配達事業を手掛けるテクノロジー中枢「京東X事業部」である。無人コンビニがまた一歩進化しそうな予感だ。 [...]

「Amazon GO」を超えるのか?9/24無人コンビニ「Take Go」運営企業「Deepblue Tech」が資金調達に成功、手のひら認証だけで買い物が完結

アプリもスマホも不要のハイエンド無人コンビニ「Take Go」の開発が順調に進んでいる。Amazon Goより凄い技術力なのかもしれない。 数千万元の資金調達に成功しプロモーションビデオも完成した。RFIDタグもスマホもアプリ不要だ。無人コンビニの進化が止まらない。 [...]

中国商務部が無人コンビニの拡大をバックアップを表明、ビッグデータを活用して小売店の改革へ

中国商務部のスポークスマンが9/21日に公式発表を行い、無人コンビニ拡大のためのサポートを約束した。無人コンビニから得られるビッグデータにより小売店の効率化を加速するのが狙いだ。中国の無人コンビニは大きく分けて3つのタイプ。 [...]