BINGO BOX

RFIDタグの弱点まとめ、RFIDタグは、無人コンビニを実現する終着手段ではない?

日本では今年4月経済産業省が「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」を発表しRFID導入の機運が高い。しかし、RFIDタグ無人コンビニの代表格である「BINGO BOX」CEOは、その経験からRFIDの問題点を明確に炙り出している。日本勢はRFIDタグの問題点を解決できるのだろうか。 [...]

中国商務部が無人コンビニの拡大をバックアップを表明、ビッグデータを活用して小売店の改革へ

中国商務部のスポークスマンが9/21日に公式発表を行い、無人コンビニ拡大のためのサポートを約束した。無人コンビニから得られるビッグデータにより小売店の効率化を加速するのが狙いだ。中国の無人コンビニは大きく分けて3つのタイプ。 [...]

【無人コンビニ時代の到来】中国無人コンビニでほぼ盗難ゼロのその秘密、「盗難したら損」の状況を見事に構築|BINGO BOX

無人コンビニの話題が世界を駆け巡っている。GlotechtrendsでもAmazon GO, タオカフェ、BINGO BOX,  WELL GOなどを既に取り上げ最先端に技術をレポートしている。今回は、無人コンビニの防犯システムについて特その最前線をレポートしたい。 [...]

シンガポールでもキャッシュレス無人コンビニ第1号店「Cheers」が開業へ 無人化 | シンガポール

世界中で、キャッシュレス無人コンビニの開業競争が熱い。GlotechTrendsが拠点とするシンガポールにも無人コンビニがオープンした。「Cheers」は、南陽工業大学のキャンパス内に第1号店舗をオープンし、キャッシュレスでの支払いカウンターとファーストフード自動販売機を組み合わせた無人コンビニで、今後の多店舗展開を目論んでいる。 [...]

【無人コンビニ時代の到来】第2回 世界中で技術競争 BINGOBOX/中国編

もっとも現実的にうまく稼働している無人コンビニとして紹介しなければならないのは、中国の広東省中山市で2016年8月から営業をスタートさせ、2017年6月から上海に登場した無人コンビニ「BINGO BOX」であろう。 場所は、楊浦地区の青山スーパーマーケット長陽路店の裏手である。運営元は、中山市賓哥網絡科技であり、名前がBOXというだけあって、実はコンテナーをベースに作られた移動可能な可動式店舗である。 [...]

【無人コンビニ時代の到来】第1回 世界中で技術競争 Amazon / Alibaba / Take go

2016年12月、世界に衝撃が走り一気に無人コンビニ実現の機運が高まることとなったレジなしコンビニ「Amazon Go」。その後日本でも2017年2月にローソンとパナソニック連合の実験店のテストを終え、2017年4月にはコンビニ大手5社が連携し経済産業省などの協力を仰ぎつつ2025年までに全店舗でICタグを用いる手法(RFID)によってレジの無人化をめざすと発表されている。 [...]