無人化

2017アリババ雲栖大会シリーズ 第2回:「スマートレストラン」登場!まるで「食い逃げ」を楽しむ感覚で決済完了。

今年もアリババ雲栖大会は驚きに満ちている。10月12日には「スマートレストラン」が登場。ウェイトレス無人化に加えて顔認証やアリペイ決済、AR技術を加えたスマートテーブルなどの技術を活用し「スマートレストラン」が現実のものとなった。 [...]

シェアスポーツジムは次なるシェア自転車か?既に10社参入で競争激化。スポーツジムも無人化の時代?

今年3月から「ミーパオ」「パークボックス」と言った無人シェアスポーツジムが急増中だ。背景には、国民の運動習慣を促進したいという中国政府の方針があり、巨額資金がシェアスポーツジム市場に舞い込んでいる。さあ、シェアスポーツジムは、次なるシェア自転車になれるだろうか? [...]

Elementor #2020

10月9日に京東(JINGDONG.com)は、上海市嘉定区において完全無人化を実現する倉庫をオープンした。この物流センターは、面積は4万平方メートルに及ぶ巨大倉庫で、荷受、保管サービス、受注管理、ピッキング及びパッキングという全ての工程で完全無人化を実現してしまうという。 [...]

IOT時代のホテルビジネス アリババが世界最大ホテルグループ「マリオット」と提携しスマートホテルの実験開始。

日本では今やIOTデバイスやロボットが一般化しつつあり「&AND HOSTEL」などの宿泊施設でもスマートキー「Qrio」などのIOTを活用したスマートホテルが誕生している。さて、中国でもアリババがマリオットと提携し9月20日にウェスティン海南島三亜でスマートホテルの実験を開始した。 [...]

アリババが無人ガソリンスタンド開始。運転手は降車せずガソリン補給。レギュラー/ハイオク?それすらロボットが自動認識

アリババが自動車産業への影響力を強めている。先月発表した「車の自動販売機」についで完全無人化ガソリンスタンドへ参入である。このガソリンスタンドは、2018年を目処にガソリン補給、給油口の開け閉め、アリペイによる自動決済など全てをスマートガソリンスタンド化するという。 [...]

「Amazon GO」を超えるのか?9/24無人コンビニ「Take Go」運営企業「Deepblue Tech」が資金調達に成功、手のひら認証だけで買い物が完結

アプリもスマホも不要のハイエンド無人コンビニ「Take Go」の開発が順調に進んでいる。Amazon Goより凄い技術力なのかもしれない。 数千万元の資金調達に成功しプロモーションビデオも完成した。RFIDタグもスマホもアプリ不要だ。無人コンビニの進化が止まらない。 [...]

中国商務部が無人コンビニの拡大をバックアップを表明、ビッグデータを活用して小売店の改革へ

中国商務部のスポークスマンが9/21日に公式発表を行い、無人コンビニ拡大のためのサポートを約束した。無人コンビニから得られるビッグデータにより小売店の効率化を加速するのが狙いだ。中国の無人コンビニは大きく分けて3つのタイプ。 [...]

アントフィナンシャルが、中小物流企業向けにロジスティックプラットホームを解放へ!顔認証で荷物受取も可能へ!| アントフィナンシャル

9月14日上海でアリババグループの金融部門アントフィナンシャルと物流部門菜鳥網絡(ツァイニャオ物流)は、共催で、物流オープンデーを開催。アリペイ決済や顔認証など中小の物流企業をサポートするためのプラットホーム支援への参入を表明し2億中国元(330億円程度)を投資。 [...]