無人化

スマホ修理も無人化へ、「搞机社」が展開する無人「スマホATM」とは?中国人のスタートアップは「無人化」「キャッシュレス」は必須なの?

どうやら今の中国人起業家は、頭の中が「無人化」と「キャッシュレス」でいっぱいのようだ。搞机社の試みは「スマホATM」を設置して無人対応でスマホを数時間で修理するらしい。日本では流行らないかもしれないこの仕組みだが、今の中国人の起業家の思考を分析するにモッテコイかもしれない。 [...]

【キャッシュレス社会のデメリット】第4回 キャッシュレス社会で消えゆく仕事とは?

世界中で社会のキャッシュレス化が急速に進み、社会構造の変化が起きている。数年前まで当たり前だった現金支払が急速に減少し、キャッシュレス化は同時に無人化を加速させている。キャッシュレス社会の行き着く果ては、無人化に伴う大失業時代がやってくるのだろうか? [...]

アントフィナンシャルの医療改革が始まった!アリペイと芝麻信用と 花唄(ファーベイ)のタッグで医療事務の効率化を促進!

アントフィナンシャルが病院業務の効率化を進めるようだ。昨日テンセントの交通警察業務無人化をお伝えしたばかりであるが、どうやら病院でも業務の効率化が大幅に進みそうな気配である。事務作業効率化の流れは止まりそうもない。 [...]

テンセントと武漢市交通警察が24時間営業無人警察署を設置へ!テンセント人工知能が中国警察行政サービスを大改革する?

 中国のAI進化がとうとう交通警察業務にまでに及んできた。11月7日にテンセントと武漢市公安局交通局は、武漢市で中国初となる無人交通業務プラットホーム構築と同時に無人交通警察署を開始すると発表した。顔認証でアクセス可能な24時間体制の交通警察とは!? [...]

搾りたてオレンジジュース自動販売機が密かにブーム、毎月400万カップ、年間5万トンのオレンジを消費する巨大マーケットに成長 

中国で5年の歳月をかけて搾りたてオレンジジュース自動販売機のマーケットを作りあげた企業がある。上海を拠点とする上海巨昴投资有限公司。毎月400万杯のオレンジジュースを販売する企業である。今回、新規調達した4億元(68億円)で暖かい軽食自動販売市場にも進出する。 [...]

10/17に京東も「無人コンビニ」参入、主流のRFIDタグから「画像認証」+「重量認証」へのトレンドシフトの兆候か?

最近では無人配達で知名度が増している京東(ジンドン)が、無人コンビニ業界へ参入した。テクノロジー開発を担当するのは、完全無人配達事業を手掛けるテクノロジー中枢「京東X事業部」である。無人コンビニがまた一歩進化しそうな予感だ。 [...]

中国で一般化しつつある宅配小包に個人情報を記載しないデリバリー、10月14日から配達業者大手「顺豊エクスプレス」がスタート

中国物流では、受取人個人情報を配達人が確認できない配達の仕組みが主流になりつつある。送り状には、名前、住所、電話番号などの個人情報を記載せず、記号化されたコードが並ぶ。中国で個人情報の取扱いが急速に厳格化している。 [...]