無人化

【雲栖大会(The Computing Conference)】探訪記③ 盒馬鲜生(ファーマーションシェン)がスマートキャッシャーReXPOSを発表!

9/19雲栖大会(The Computing Conference)において盒馬鲜生CEOである侯毅(ホウイー)が登壇し、人工知能を活用したスマートキャッシャーReXPOSを発表した。自社の業務効率化を実現すると同時に、このReXPOSを活用し他のリテール店舗の無人化をサポートすることも発表された。 [...]

元祖コンテナ型無人コンビニ「BINGO BOX」が日本進出? 1000店舗目標を掲げるが大苦戦を予想!

昨年の夏頃、中国で一斉風靡したコンテナ型無人コンビニという類型があった。代表格が北京に拠点を置くBONGOBOXである。そのBONGOBOXが北海道を中心に1000店舗の開業を目指すという。AmazonGoに代表されるJustWalkout型無人コンビニが主流となる中で時代遅れではないのか? [...]

中国無人棚(シェルフ)競争の結末? 6/11アントフィナンシャルが勝ち組候補の猩便利(シンヴェンリー)へ投資

2017年6月ごろから中国で、無人コンビニと同様に注目を集めた無人ビジネス類型が無人棚(シェルフ)である。6/11日アントフィナンシャルは無人棚(シェルフ)業界大手である猩便利(シンヴェンリー)に3億8000万元を投資。無人棚業界の競争もひと段落しそうな気配。 [...]

無人移動コンビニカーが上海で実験開始!トヨタが描く「e-Palette Concept」と類似?

6/6上海長寧区の200世帯限定であるが移動無人コンビニの実験がスタートした。アプリで予約すれば自動運転無人コンビニカー(L3)がやってきて、ユーザーは手のひら認証だけで入店、買い物をする仕組みだ。実現すれば日本でも応用できる範囲が拡大しそうな計画である。 [...]

スマートパン屋さんが登場!!味多美(wedome)では人工知能がパン種類を識別し会計!?

北京にスマートパン屋さんが開業した。アリババの口碑(コウベイ)と味多美がタッグを組んでパン屋さんのスマート化に挑戦だ!人工知能によるパンのイメージ認証システムを活用することで、購入するパンの会計金額を自動計算。いよいよパン屋にも人工知能が活用される時代へ! [...]

「618商戦」がもうすぐやってくる、アリババ本社にタワーが登場しドローンデリバリーを受け入れ!?

中国のオンラインショッピングの祭典は独身の日(11/11)だけではない。もうすぐ中国第2のECイベントである「618商戦」がやってくる。杭州のアリババ本社では、既にエクスプレスタワーが登場し物流のラストワンマイル問題解決に取り組むようだ。 [...]

もう買い物にスマホもアプリも必要ない?杭州ドリームタウン(夢想小鎮)で顔認証だけの無人店舗が登場

将来はショッピングのシーンでスマホもアプリも不要になるかもしれない。そんな未来のリテールを感じさせる実験室が杭州ドリームタウン(夢想小鎮)内でオープンした。テクノロジーをサポートするのは2016年創業の若いスタートアップ企業である。 [...]