深セン

【シリーズ : 水中ドローン開発競争激化、~空中の次は水中へ~ 】第2回 Gladius水中ドローンと水中ドローン主要開発メーカーリスト

 現在、世界中のスタートアップ企業が水中ドローンの開発競争でしのぎを削っている。既に製品化に成功している企業だけでざっと13社ほどが存在した。水中ドローン開発メーカーリストを掲載し、合わせてGladius社の製品をご紹介したい。 [...]

【シリーズ : 水中ドローン開発競争激化、〜空中の次は水中へ〜 】第1回 FIFISH  P4 – CES2017、イノベーション賞受賞|深セン

ドローンが、人類に新たな可能性を提供してくれたのは間違いない。実は、空だけでなく海中で活動するドローン=水中ドローンの開発競争も世界各国で激化している。果たして、どの企業が水中ドローンの開発競争を制して、水中ドローン分野の「DJI」に名乗りでるのであろうか? [...]

深センの電気街華強北(ファーチャンペイ)探訪、既に最先端ITの街とはいえず凋落傾向か|深センIT

深センITもっというと中国ITを代表する場所として華強北(ファーチャンペイ)という電気街のイメージが根強くある。だが、残念ながらここはで既に中国IT革命の中心地ではない。華強北(ファーチャンペイ)は中国IT革命とかなり温度差がある場所だ。 [...]

【無人化】 深センIOT国際展示会、実用化が進むスマートホーム Miotlink/中国

深センのIOT国際展示会でメインを占める話題はなんといってもスマートホームの実現である。中でも目立つのは、フルセットのスマートホーム化のサービスを提供するブースだ。スマートロックなどの単体商品で勝負するのではなく、一気に一軒丸ごとスマートホーム化を実現、これが新しいトレンドだ。 [...]

RFIDタグが廉価に製造できる時代へ突入。無人化、キャッシュレス社を促進するか? 深セン|中国

RFID(Radio frequency Identification)がいよいよ普及する時代へと突入しそうな気配だ。今回訪問中の深センIOT国際展示会において、その会場の三分の一がRFID関係、製造コストも廉価となり無人コンビニに代表される無人化社会の到来を加速させる可能性が高い。 [...]

深センでシェア充電器「来電」の使用体験 アリペイの芝麻信用600でデポジット無し! 来電|中国

次なるシェア自転車として期待の高まる「シェア充電器」。まさかシェア自転車がこれほどの急展開をするわけが無いとシェア自転車に投資しなかった投資家たちが、今「シェア充電器」ビジネスに群がっている。深セン本社「来電」。今回アリペイと芝麻信用のサービスを使って来電のサービスを試してみた。 [...]