杭州

もう交通警察はいらない?杭州スマートシティプロジェクト(ETシティブレイン)が最終テスト段階!?

アリババと杭州市が協力し進められている杭州ETシティブレイン計画の進捗が発表された。市中に設置された1700台の監視カメラからのデータ解析を通じて信号変換調整、交通事故、交通渋滞、交通違反などを20秒で把握、しかも無人体制運用。実用化に向け着々と準備が進む。 [...]

ユニコーン企業最新レポート2018年3月時点(まとめ)日本は現在メルカリ1社、プリファード・ネットワークスの名前は?

世界のユニコーン企業の状況をまとめ。2018年3月時点の世界ユニコーン企業数は237社、うちアメリカ企業が約半数の118社、中国企業が62社である。中国では、北京、上海、杭州、深センの4都市がスタートアップの聖地としての地位を確立している。 [...]

杭州「未来科技城」ではスターバックスコーヒーのドローンデリバリーが開始!

杭州にあるアリババ城下町「未来科技城」で、スターバックスのコーヒーをドローンデリバリーするという試みがスタートした。1時間ごとの定期便、最大8杯まで、一杯ごとに3元(約50円)をユーザーが負。未来科技城では、ハードウェアとソフトウェアを融合した新しい試みが展開している。 [...]

アリババ城下町「未来科技城」が未来都市へと変貌中!杭州のドリームタウン(夢想小鎮)一角にはスタートアップが集結! 

深センはハードウェアのシリコンバレーと言われ注目を集めているが、ソフトウェア分野でスタートアップが集結しているのが杭州である。杭州のドリームタウン(夢想小鎮)には既に1000社ほどのスタートアップが集結し、そのサポート体制も万全だ。 [...]