未来科技城

進化する中国地図「高徳地図アプリ」とは?「タクシー」「バス」「シェア自転車」移動手段のプラットフォーム化へ!

アリババが2014年に買収した高徳地図(ガオドォ)であるが、人工知能によるディープラーニング学習により機能充実が進む。中国で高徳地図(ガオドォ)がどのように活用されているのだろうか。地図アプリが交通移動手段と連携して移動手段のプラットフォームとなっている。 [...]

アリババがニューリテール(新しい小売)技術満載の直営モール「亲橙里(チンチェンリー)」をオープン!

4月28日アリババ本社から500Mの至近距離に初の直営モール「亲橙里(チンチェンリー)」が開業した。アリババ最先端ニューリテール技術が余すところなく導入され近未来的ショッピンモールである。杭州の未来科技城の生態系に新名所が加わった。 [...]

杭州「未来科技城」ではスターバックスコーヒーのドローンデリバリーが開始!

杭州にあるアリババ城下町「未来科技城」で、スターバックスのコーヒーをドローンデリバリーするという試みがスタートした。1時間ごとの定期便、最大8杯まで、一杯ごとに3元(約50円)をユーザーが負。未来科技城では、ハードウェアとソフトウェアを融合した新しい試みが展開している。 [...]

アリババ城下町「未来科技城」が未来都市へと変貌中!杭州のドリームタウン(夢想小鎮)一角にはスタートアップが集結! 

深センはハードウェアのシリコンバレーと言われ注目を集めているが、ソフトウェア分野でスタートアップが集結しているのが杭州である。杭州のドリームタウン(夢想小鎮)には既に1000社ほどのスタートアップが集結し、そのサポート体制も万全だ。 [...]