人工知能

テンセントのAI同時通訳機が中国の最重要国際会議(ボアオ)に登場!暖かい失笑が会場を包む!

4月8日-11日までの期間で中国の海南島でボアオアジアフォーラが開催中。10日習近平も参加し中国開放に関するスピーチを行った。会議ではテンセントの同時通訳機が活用された。会場からは出来栄えに対する落胆と新分野に挑戦するAIへの期待が混じり合った微妙な空気に包まれたという。 [...]

12/20アリババのクラウド事業であるアリクラウドが新人工知能活用事例を発表!空港、本屋、洋服店、スーパーマーケットなどの分野でAI化を加速。

注目を集めるアリババグループの雲栖大会北京峰会においてアリクラウドが人工知能の新応用事例を発表、50秒で北京空港の1700便に及ぶ飛行機の交通整理を効率化、洋服店では、店員がお客さんの衣類の素材、ブランド、質などを瞬時に解析。人工知能活用が加速。 [...]

中国科学技術部が次世代4大人工知能プラットホーム発展計画を策定、その一翼を担うアイフライテック(科大訊飛/iFLYTEK)とは!

11/15日中国科学技術部は、次世代の人工知能4大プラットホーム計画を発表した。医療分野のテンセント、スマートシティーのアリババ、自動運転の百度が担当するが音声認識の分野ではアイフライテックという企業が担うこととなった。アイフライテックの注目度が高まっている。 [...]

本田がセンスタイム(Sensetime)と自動運転分野で提携。中国のAI画像認証技術をリードするトップ5企業のまとめ

12月7日本田が中国のセンスタイム社と自動運転分野で5年間の共同開発を発表した。実は中国ではAIを活用した画像認証分野の技術競争が激化している。ユニコーンであるセンスタイムとMegvii(Face++)の2社を含め、AI画像認証技術をリードする中国企業トップ5をまとめておきたい。 [...]

ソフトバンクチャイナが人工知能を活用した画像認識ディープラーニング企業のMalong Technologiesに投資。AI分野の次なるアリババとなる?

次なるアリババを探すソフトバンクが、2017年11月中国AI分野に初めて投資決定をした。投資額は2億2000万元(日本円で約37億4000万円)、極めて精度の高い画像認識技術を持つMalong Technologiesは、近年認知度を高める注目企業である。 [...]