人工知能

アリクラウドが開発した人工知能活用音声認証技術でコーヒー34杯を49秒で注文!

5月23日アリババの新しいテクノロジーの祭典である雲栖大会(云栖大会)が武漢市で開催された。アリクラウドは単なるクラウド事業を超えて人工知能分野での存在感を高めている。人工知能活用の音声認証システムだけで飲食店や交通チケットを購入できる時代がもうすぐ到来する。 [...]

進化する中国地図「高徳地図アプリ」とは?「タクシー」「バス」「シェア自転車」移動手段のプラットフォーム化へ!

アリババが2014年に買収した高徳地図(ガオドォ)であるが、人工知能によるディープラーニング学習により機能充実が進む。中国で高徳地図(ガオドォ)がどのように活用されているのだろうか。地図アプリが交通移動手段と連携して移動手段のプラットフォームとなっている。 [...]

もう交通警察はいらない?杭州スマートシティプロジェクト(ETシティブレイン)が最終テスト段階!?

アリババと杭州市が協力し進められている杭州ETシティブレイン計画の進捗が発表された。市中に設置された1700台の監視カメラからのデータ解析を通じて信号変換調整、交通事故、交通渋滞、交通違反などを20秒で把握、しかも無人体制運用。実用化に向け着々と準備が進む。 [...]