ユニコーン

AIとIOTを融合した「AIOT」分野のパイオニア!ユニコーン企業「TuyaSmart」のIOTプラットフォーム戦略とは?

TuyaSmartというIOTサービスを展開する中国のユニコーン企業をご存知だろうか?TuyaSmartが展開するのは人工知能を活用した双方向対話型のグローバルIOTプラットフォームである。この仕組みを活用すれば低コストで容易に製品のIOT化が可能なため世界の注目を集めている。 [...]

7/18米半導体企業ザイリンクスが中国ユニコーンAIチップ企業の「DEEPHi Tech」を買収!

7/18、米サンノゼを拠点とするザイリンクス(Xilinx )が中国三大AIチップ(半導体)ユニコーンの一つであるDEEPHi Tech(深鉴科技)の買収を発表。米中貿易戦争の影響なのか、買収劇を巡り様々な憶測が飛び交っている。米中間でAIチップ業界の動向が騒がしくなってきた。 [...]

小米16.5HKDで初値は公募価格割れ!中国企業の株式公開環境が急速に悪化?!

小米(シャオミー/Xiaomi)が7月9日に香港市場に株式公開を果たした。初値は16.5HKDとなり公募価格の17HKDを2.9%下回る門出となった。公募割れは小米の個別の問題ではなく、中国のマクロ環境に起因する可能性が高い。中国マクロ経済環境に黄色ランプが点灯しつつある。 [...]

6/11 中国で一般投資家向けの総額5兆円超のユニコーンファンドが登場! CDRの買い支え?

6月11日中国で同時に6本のユニコーンファンドが設立され発売開始した。ユニコーンファンドとは、ユニコーンに代表される将来有望な未公開企業に投資するファンドである。しかし、目論見書を眺めると、投資対象にCDRも含まれている。中国回帰するCDR株式を買い支えるのが本当の狙いか? [...]

4月30日香港証券取引所が株式公開基準を緩和!「種類株」を活用した株式公開容認で柔軟化!

もはや種類株を活用したIPOが世界のトレンドの中心となりつつある。香港証券取引所も4月30日から議決権制限種類株上場が可能となる。アリババや京東などが規制の強い香港を回避してアメリカ上場を実現しているが、今度はこうした動きに歯止めをかける。 [...]

平安保険に潜む4匹のユニコーン、5月4日「平安好医生」が香港市場へ ソフトバンクは7.41%を保有する株主

中国平安保険が保有する4つのユニコーンの一角「平安好医生」が5月4日に上場を果たす。医療効率化アプリを展開し設立からわずか3年で推定11億USD規模の上場を実現。ソフトバンクが7.41%の株式を保有、平安との連携を急速に深めている。 [...]