ビッグデータ

中国シェアエコノミー異変あり、突然死が続くスタートアップ、シェアエコノミーの真の成功とは!? 

UberやAirbnbから始まったシェアエコノミーブーム。シェア自転車でさらに加速し、現在は投資家から大量資金が舞い込む状況になっている。しかし、シェアエコノミースタートアップ突然死のニュースが急増している。シェアエコノミーの成功とは? [...]

【キャッシュレス社会のデメリット】第1回 中国のキャッシュレス社会はガチガチの監視社会!?あなたはいつでもどこでも監視される覚悟はあるか?

中国で急速に進んだキャッシュレス社会だが、そのデメリットや弊害の部分も明らかになりつつある。数回に分けてキャッシュレス社会のデメリットを特集し問題点をあぶり出したい。第1回目の今回は「プライバシー問題」について考察したい。 [...]

アリババとテンセントで加速する多角化戦略「選択と集中」を無視した企業戦略は暴走なのか?それとも新しいビジネスモデルの誕生なのか?

アリババとテンセントの本業の好調が続き、その利益で新分野への投資が加速している。金融、エンタメ、Eコマース、医療、ホテルなど広範な領域に及ぶ。「選択と集中」を説いた経営の神様ピータードラッカーが生きていたら、なんという言葉でこのビジネスモデルを評価するだろうか? [...]

個人情報と交換で買い物が出来る。世界初、自分の個人情報でTシャツを購入できるショップがロンドンに誕生。

テクノロジーの進化は、プライバシー情報を含んだビッグデータを源泉としてどんどん進化している。ロンドンにオープンした「The Data Dollar Store」は、自分が撮った好きな写真を3枚提供することでマグカップやTシャツが購入できるという。その仕組みとは? [...]

【アリババニューリテール戦略の全貌】第5回:「HomeTimes家時代」という体験型百貨店をオープン、リアル店舗とEコマースが調和して助け合う驚愕の仕組みとは?

アリババがまた「ニューリテール戦略」を体現する百貨店をオープン。「Home Times 家時代」は、新しい小売業を我々に提示できるのか?O2O店舗+物流+ビッグデータ解析+VR遊び心。中国ではリアル店舗とEコマースの両立する可能性を秘めた「ニューリテール戦略」が関心を集めだしている。 [...]

中国商務部が無人コンビニの拡大をバックアップを表明、ビッグデータを活用して小売店の改革へ

中国商務部のスポークスマンが9/21日に公式発表を行い、無人コンビニ拡大のためのサポートを約束した。無人コンビニから得られるビッグデータにより小売店の効率化を加速するのが狙いだ。中国の無人コンビニは大きく分けて3つのタイプ。 [...]

人民銀行(中央銀行)が「網聯=ワンリェン」という中国版「全銀ネット」の導入を発表した。2018年6月30日から運用開始だ。アリペイやWeChatPayへの影響はいかに?

 自由度の高いアリペイやWeChatpayの仕組みにとうとう中国政府が規制を入れる。2018年6月30日から中国版「全国銀行データ通信システム」(全銀ネット)の運用開始で日本の仕組に近づく。これはキャッシュレス社会を拡大するものか、あるいは阻害するものか? [...]