テンセント

中国シェア自転車を巡る企業競争はリタイア続出で終了へ。生き残ったのは予想通り「Ofo」と「Mobike」の2社だけ

わずか数ヶ月前まで群雄割拠の大競争が繰り広げられた中国シェア自転車業界であるが大方の決着がついたようだ。60社以上の中小企業が倒産しテンセント陣営「Mobike」とアリババ陣営「Ofo」の2社だけが生き残った。いったいシェア自転車ブームとは何だったのであろうか? [...]

人工知能分野の人材報酬が高騰中!AI人材を巡りアリババ、テンセントは名門校の新卒生へ「三顧の礼」を尽くし高待遇を提供

今や世界中で人工知能関係の人材が不足している。アメリカでも中国でも、IT関係とりわけ人工知能関係人材の報酬高騰が指摘されている。アリババ、テンセント、百度、どこも世界の名門校卒業予備軍を巡り規格外の報酬を用意し争奪だ。 [...]

テンセント株価が急騰中、アリババを抜き世界第6位の時価総額へ、テンセントのWeChatをベースとした錬金術ビジネスモデルが成長を加速させる

 世界の証券市場の好調を反映してか、巨大IT企業の株価上昇が止まらない。その中でもテンセントの株価上昇が際立つ。時価総額はアリババを抜き去り59兆円規模に達し、5位のFacebookに肉薄。アメリカIT大手を抜き去る日は目前となった。 [...]

フィンテック企業IPOラッシュ時代へ、注目度No1のインシュアテック企業、3円掛金で300円補償、セコすぎる保険が熱い!

中国フィンテック企業が続々と上場へ動き出している。KPMG発表の世界フィンテック企業ランキング1位「衆案保険(ZhongAn)」は9/28日香港市場、同ランキング4位の「Qudian」は10/18日NYSEへの上場を果たした。フィンテック企業の存在感が増している。 [...]

アリババとテンセントで加速する多角化戦略「選択と集中」を無視した企業戦略は暴走なのか?それとも新しいビジネスモデルの誕生なのか?

アリババとテンセントの本業の好調が続き、その利益で新分野への投資が加速している。金融、エンタメ、Eコマース、医療、ホテルなど広範な領域に及ぶ。「選択と集中」を説いた経営の神様ピータードラッカーが生きていたら、なんという言葉でこのビジネスモデルを評価するだろうか? [...]

最も稼ぐゲーム「王者の栄光」開発したテンセントのチームへの年度ボーナスは100ヶ月分の給料!?投資銀行さえも凌駕する勢いか?

「王者の栄光」は2015年11月末にリリースされたオンラインゲームで2016年の通期収入は68億元(日本円で1156億円) 2017年度も好調を維持し開発チームへ付与されるボーナスは100ヶ月分の月給分になるという噂が飛び出した。 [...]

シェアホスピタル「メディカルモール」がやって来た。アリババ、テンセントも医療分野に本格的に進出し医療改革を促進?

中国ではなんでもシェアエコノミーの対象としてしまうが「メディカルモール」が杭州に 出来たようだ。医者が病院をシェアする時代へ突入だ。加えてアリババが「未来病院」、テンセントが「ペンギン病院」を設立しビッグデータとキャッシュレス決済システムを活用し病院改革を推進していた。 [...]

アリババやテンセントの創設者たちが、杭州で大学や研究機関を開設し最先端研究に注力|アリババ

アリババの創業者(ジャック・マー)は、杭州で2020年にビジネススクールである湖畔大学を開設する。テンセントの馬化騰(ポニー・マー)や、中国の不動産王、大連万達グループの代表である王健林(ワンジェンリン)などが創立者として名前を連ねる西湖大学も2020年に最先端テクノロジーの研究に特化した西湖大学を開設する。 [...]