スタートアップ

アリババ城下町「未来科技城」が未来都市へと変貌中!杭州のドリームタウン(夢想小鎮)一角にはスタートアップが集結! 

深センはハードウェアのシリコンバレーと言われ注目を集めているが、ソフトウェア分野でスタートアップが集結しているのが杭州である。杭州のドリームタウン(夢想小鎮)には既に1000社ほどのスタートアップが集結し、そのサポート体制も万全だ。 [...]

2017年の中国巨大IT企業(BAT3社)のベンチャー投資状況まとめ各論編第2回 アリババ(アントフィナンシャル含む)

中国巨大IT企業ベンチャー投資状況のまとめ第3回。アリババのベンチャー投資を分析したい。2017年アリババが投資したのは45社とテンセントの半分以下ではあるがニューリテール分野やEコマース、金融など重点分野が明確な投資となっている。 [...]

急速にハイテク都市化を進める「杭州」(ハンジョウ)! 海外で教育を受けたハイスペック人材(海亀族)が杭州に!? 

中国では圧倒的にハイテク都市として深センの知名度が高いが、ここにきて杭州の注目度が増している。アリババ本社周辺には多くのスタートアップやアクセレーターが集まりシリコンバレー化が進んできている。次なる深センとなりうるのか? [...]

2017年総括、中国スタートアップの資金調達概況 2017年34社の新ユニコーンが誕生!?

2017年の中国スタートアップを取り巻く資金調達の動向を振り返ってみたい。上期のキーワードは「シェアエコノミー」シェア自転車、シェア充電器などに投資家の資金が殺到した。後半は「無人コンビニ」に移行。AIは通年活況。続々と中国で新ユニコーンが誕生している。 [...]

ソフトバンクが加速させるインドの有力スタートアップ投資とユニコーン企業のまとめ

ソフトバンクの世界投資が積極化している。10兆円規模のビジョンファンドを代表に、アメリカ「WeWork」中国の配車アプリ「滴滴出行」などのユニコーン企業への投資が目立つ。今回は、世界のユニコーン事情とりわけ中国とインドのユニコーン企業について少し整理していみたい。 [...]

スマホ修理も無人化へ、「搞机社」が展開する無人「スマホATM」とは?中国人のスタートアップは「無人化」「キャッシュレス」は必須なの?

どうやら今の中国人起業家は、頭の中が「無人化」と「キャッシュレス」でいっぱいのようだ。搞机社の試みは「スマホATM」を設置して無人対応でスマホを数時間で修理するらしい。日本では流行らないかもしれないこの仕組みだが、今の中国人の起業家の思考を分析するにモッテコイかもしれない。 [...]

中国シェアエコノミー異変あり 突然死が続くスタートアップ シェアエコノミーの真の成功とは!? 

UberやAirbnbから始まったシェアエコノミーブーム。シェア自転車でさらに加速し、現在は投資家から大量資金が舞い込む状況になっている。しかし、シェアエコノミースタートアップ突然死のニュースが急増している。シェアエコノミーの成功とは? [...]

搾りたてオレンジジュース自動販売機が密かにブーム、毎月400万カップ、年間5万トンのオレンジを消費する巨大マーケットに成長 

中国で5年の歳月をかけて搾りたてオレンジジュース自動販売機のマーケットを作りあげた企業がある。上海を拠点とする上海巨昴投资有限公司。毎月400万杯のオレンジジュースを販売する企業である。今回、新規調達した4億元(68億円)で暖かい軽食自動販売市場にも進出する。 [...]