アントフィナンシャル

アントフィナンシャルがフィリピン進出、試算では既にゴールドマンサックスを凌駕する時価総額へ!

アントフィナンシャルの海外進出が加速度を増している。10/25日にはアントフィナンシャルのフィリピンでのパートナーはフィリピン最大コングロマリット企業アヤラを選定。インドネシアでも第2位のメディア企業Emtekと提携交渉を進展中。 [...]

フィンテック企業IPOラッシュ時代へ、注目度No1のインシュアテック企業、3円掛金で300円補償、セコすぎる保険が熱い!

中国フィンテック企業が続々と上場へ動き出している。KPMG発表の世界フィンテック企業ランキング1位「衆案保険(ZhongAn)」は9/28日香港市場、同ランキング4位の「Qudian」は10/18日NYSEへの上場を果たした。フィンテック企業の存在感が増している。 [...]

アントフィナンシャルが中国賃貸物件プラットホームをローンチ!芝麻信用650以上あれば、デポジット不要でお部屋が借りられる!?

アリペイと芝麻信用の仕組みを組み合わせて、中国の賃貸住宅市場が大きく変わりそうだ。10月10日アントフィナンシャルは、中国初の賃貸物件プラットホームをローンチし、上海、北京、深セン、杭州などの8つの都市で100万を超える賃貸物件情報を公開。中国賃貸市場が大きく変わるのは間違いない。 [...]

2017アリババ雲栖大会シリーズ 第2回:「スマートレストラン」登場!まるで「食い逃げ」を楽しむ感覚で決済完了。

今年もアリババ雲栖大会は驚きに満ちている。10月12日には「スマートレストラン」が登場。ウェイトレス無人化に加えて顔認証やアリペイ決済、AR技術を加えたスマートテーブルなどの技術を活用し「スマートレストラン」が現実のものとなった。 [...]

「T-Mall」「アリペイ」などが3分でわかるアリババグループ、ジャック・マーが動物園の園長と称されるワケ

世界証券市場の中で時価総額43兆円規模に達したアリババグループ。世界時価総額ランキング堂々7位の企業だ。「天猫」「タオバオ」「アリペイ」までは理解できても、アリババグループ全体を把握するのは難しい。そこで、「3分でわかるアリババグループ」として、主要企業を簡単に解説してみたい。 [...]

アントフィナンシャルが、中小物流企業向けにロジスティックプラットホームを解放へ!顔認証で荷物受取も可能へ!| アントフィナンシャル

9月14日上海でアリババグループの金融部門アントフィナンシャルと物流部門菜鳥網絡(ツァイニャオ物流)は、共催で、物流オープンデーを開催。アリペイ決済や顔認証など中小の物流企業をサポートするためのプラットホーム支援への参入を表明し2億中国元(330億円程度)を投資。 [...]

【アリババニューリテール戦略の全貌】第4回:アリババが10月に車の自動販売機業務を開始、芝麻信用750スコアのユーザー対しその場で即日車を引き渡し|アリペイ

好評のためもうしばらくアリババのニュリテール戦略についてシリーズ化を継続することにしたい。以前から噂があったアリババの車の自動販売機であるが、昨日プロモーションビデオが公開された。どうやらこれもアリババが目指す「ニューリテール戦略」の一翼を担うようだ。 [...]

8月22日アントフィナンシャルが店舗の無人化をサポートする新ビジネスを発表|アリペイ

自分の店舗の無人化が可能となるかもしれない。顔認証による出入店管理、画像認証技術による購入商品把握、自動支払システム、防犯対策などアントフィナンシャルが提供する新サービスを活用すれば、8時間営業の個人店舗が24時間営業無人化+キャッシュレスのローコスト体質に生まれ変わるかもしれない。 [...]