アリペイ

「アリババとアントフィナンシャルの資本関係」まとめ アリババがアントフィナンシャル株式33%取得へ!

2月1日アリババの決算発表と同時にアントフィナンシャル株式の33%取得が発表された。これで両社の複雑な関係が整理されアントフィナンシャルが上場に向けて本格的に動き出す可能性が高い。一度、両社の複雑な関係を簡単にまとめておきたい。 [...]

アリペイとWeChatPayが高速道路料金所の無人化実験開始!料金所の従業員は突如として失業危機に直面!?

中国の無人化導入に関するニュースは加速するばかりだ。2018年1月からアリペイとWeChat Payが相次いで高速道路料金所の無人化実証実験を開始した。無人化に直面した人々は失職の不満を口にするが、この流れはもう誰にも止められない。 [...]

キャッシュレス社会でATMが不要に!12/22 杭州では不要となったATM用地を活用した無人コンビニが開業!

中国で最もキャッシュレス社会が進化している杭州で、銀行ATMを廃棄する動きが進んでいる。12/22日、杭州几禾(jihe)科技は元ATM空間を活用した無人コンビニ(7.7未来コンビニ)の一号店を開業した。キャッシュレス社会でATM廃棄のトレンドが加速するのだろうか? [...]

【総合フィンテック企業とは】第5回:12/11銀嶺が雲閃付(ユンシャンフー)をアップグレードし総合フィンテック化を鮮明に!

アリペイとWeChatPayの圧倒的な存在感の前で影が薄くなった「銀嶺」であるが12/11日に雲閃付(quick pass,ユンシャンフー)をバーションアップし総合フィンテック企業化を加速。決済に加えアプリ上で多くの機能を一度に実現するアプリはアリペイを意識しているのは間違いない? [...]

【総合フィンテック企業とは】第4回 :機能と機能の重要なつなぎ役「余額宝」(ユエバオ)の秘密に迫る!? 

アントフィナンシャルが運営する余額宝(ユエバオ)はわずか四年で世界最大のマネーリザーブファンドに登り詰めた。総合フィンテック企業にあって、遊んでいる資金をプールする重要な役割を担い。銀行よりも高金利かつ直接決済にも使用できる大変便利な商品である。 [...]

【総合フィンテック企業とは】第3回 「アント森林」は、CO2削減を目指すグリーンフィンテックに挑戦!?

【総合フィンテック企業とは】の第3回目は、2016年8月から開始されたアントフィナンシャルが運営する「アント森林(Ant Forest)」の機能をご紹介したい。この仕組み、中国人に観光保護意識を普及するとともに将来的にはグリーンフィンテックのプラットホームになる可能性すら秘めている? [...]

【総合フィンテック企業とは】第2回 花唄(フアベイ)のバーチャルクレジットカード機能を活用して後払い!

総合フィンテック企業の第2回は、アリペイのプラットホームに組み込まれた螞蟻花唄(フアベイ)の紹介をしたい。今年の独身の日では、モバイル決済総額の40%を花唄(フアベイ)での決済が占めた。花唄の存在感が急速に高まっている。 [...]

【総合フィンテック企業とは】第1回 借唄(ジエベイ)わずか3分で現金キャッシング|アントファイナンス 

当サイトでは最近好んで総合フィンテック企業という言葉を多様している。アントフィナンシャルに代表されるアプリ上で様々な金融サービスを展開する企業を意味する。現在中国にだけ存在するこのビジネスモデルだが研究価値が十分にありそうだ。 [...]