アリペイ

中国キャッシュレス社会に置き去りにされる外国人と観光客でもアリペイ口座開設を行う方法 

中国デジタル革命はアリペイやWeChatPayのモバイル決済を前提として設計されている。数年前までは観光客でも銀行口座開設手続きができ、アリペイ口座開設できた。今は完全に状況が異なる。外国人がアリペイ口座を開設する手続きをまとめておきたい。 [...]

「マレーシア版アリペイ」がスタート! CIMB傘下「Touch ‘n Go」と提携しキャッシュレス社会化を促進!

アントフィナンシャル(アリペイ)がCIMB傘下Touch ‘n Goと協力し8月中旬からアリペイサービス開始となった。地下鉄料金決済、高速道路の料金決済、レストランでの決済などに活用できるという。いよいよローカルユーザーを巻き込んだ形で、アリペイ決済の普及がアジアで加速している。 [...]

【総合フィンテック企業とは】第6回: 8/9 アントフィナンシャルが1元から購入可能な年金「全民保・終身養老金」参入!

8/9 アントフィナンシャルが1元から購入できる年金をスタートさせた。中国では年金システムが脆弱で国民全体をカバーしていない。1元から購入できる預金「余額宝」(ユエバオ)で爆発的ブームを起こしたアントフィナンシャルは、次に狙うは1元から購入できる手軽な年金だ。爆発の予感が漂う。 [...]

7/31 アリペイが「アリペイMiniApps」をリリース!先行するテンセントを猛追

7/31、ついにアリペイが「アリペイMiniApps」をリリースした。今後はアプリをダウンロードせずとも、アリペイ環境下で多くの一般アプリが快適に使用できるようになる。この分野をリードするテンセントの「WeChatMiniApps」は既に100万以上のミニプログラムを提供し好評である。 [...]

中国を震撼させる不正ワクチン問題。アリババが不正ワクチン診断ツールを提供!

中国の不正ワクチン問題。不正ワクチン流通数は65万、36万人の子供が被害に巻き込まれたと推定。製造元の長生生物科技CEOら18人が逮捕される事態となり不安が拡大中である。不安を払拭するためアリババグループの阿里健康(アリヘルス)は、不正ワクチン診断ツールを提供! [...]

6/11 中国で一般投資家向けの総額5兆円超のユニコーンファンドが登場! CDRの買い支え?

6月11日中国で同時に6本のユニコーンファンドが設立され発売開始した。ユニコーンファンドとは、ユニコーンに代表される将来有望な未公開企業に投資するファンドである。しかし、目論見書を眺めると、投資対象にCDRも含まれている。中国回帰するCDR株式を買い支えるのが本当の狙いか? [...]

中国版全銀ネットシステムのスタート!?4月1日ユニオンペイ(銀嶺)=とWechatPayがQRコード業務提携を発表!

自由に活動できていた中国第三者決済アリペイ、We ChatPayに「中国版全銀ネット」とも言える政府規制が入る。第一弾として銀嶺(インレイ)とWeChatayが業務提携。今度アリペイの追随も必須であろう。複雑怪奇な新規制を確認しておきたい。 [...]

アントフィナンシャルのインドネシア展開!3月21日EMTEKと共同でDANA(インドネシア版アリペイ)を正式オープン

3月23日アントフィナンシャルはインドネシア第2のメディア企業Emtekと共同で「DANA」(インドネシア版アリペイ)をリリースした。アリペイとそっくりなインターフェース!果たして中国フィンテックが今後東南アジアで認められ普及して行くのか? [...]