スタートアップ

【中国ブロックチェーン活用事例】鶏肉のサプライチェーンにブロックチェーンを活用。鶏肉の食品偽装を防ぐことができるのか?

中国では日常的に食品偽装が蔓延している。众安科技(上場)は、ブロックチェーンを活用し、鶏肉のサプライチェーンを構築し、流通の透明性を高めようと取り組んでいる。金融分野でのブロックチェーン事例が多い中で、農業や養殖業など一次産業分野にブロックチェーンがマッチするという。その理由とは? [...]

リー・シェンロン首相が訪中。習近平国家主席と会談、 ユニコーン企業であるSensetime(商湯科技)社を視察

シンガポールのリー・シェンロン首相が4年ぶり訪中。9月20日から3日間滞在し習近平国家主席や李克強や王岐山などと会談。金融、司法、ベンチャー育成の分野で協力を約束。その後ユニコーン企業であるSensetime(商湯科技)社を視察。シンガポールも中国のIT企業に熱い視線を注ぐ。 [...]

フェースリコグニション(顔認識)技術の最前線、ターミネーターの世界が既に現実にもとに!|megvii 

杭州のKFCで顔認証による注文システムが既に導入されたお話は以前取り上げた通り。鍵を握る顔認証技術では、北京に本社を構えるMegviiという企業がテクノロジーのバックボーンとなっていた。どうやら世界でダントツのフェースリコグニション(顔認証)技術を有しているようだ。 [...]

アリババやテンセントの創設者たちが、杭州で大学や研究機関を開設し最先端研究に注力|アリババ

アリババの創業者(ジャック・マー)は、杭州で2020年にビジネススクールである湖畔大学を開設する。テンセントの馬化騰(ポニー・マー)や、中国の不動産王、大連万達グループの代表である王健林(ワンジェンリン)などが創立者として名前を連ねる西湖大学も2020年に最先端テクノロジーの研究に特化した西湖大学を開設する。 [...]

深センの電気街華強北(ファーチャンペイ)探訪、既に最先端ITの街とはいえず凋落傾向か|深センIT

深センITもっというと中国ITを代表する場所として華強北(ファーチャンペイ)という電気街のイメージが根強くある。だが、残念ながらここはで既に中国IT革命の中心地ではない。華強北(ファーチャンペイ)は中国IT革命とかなり温度差がある場所だ。 [...]