2019年テック潮流は「コピーキャット(猿真似)」だったチャイナテックが世界からコピーされる側へ!

香港の有力メディアであるSCMP(South China Morning Post)が「China Internet Report2019」を公表した。レポートの中で4つの新潮流が公表されたが、第一として「コピーキャット(猿真似)」する側だったチャイナテックが世界からコピーされる側へと劇的な変化を遂げたというのである。テクノロジーの大きなトレンドを把握する上で極めて重要な指摘かもしれない。

 

ついにチャイナテックから世界が学ぶ時代へ突入?

数年前から関係者の間ではチャイナテックはアメリカのテクノロジーを違った角度から追い抜いたと指摘されていたが、それは大多数の意見ではなかった。しかし、次第にそれが現実のもとになろうとしている。

今月、香港メディアSCMP(South China Morning Post)が公表した「China Internet Report2019」は、中国テクノロジー産業の先端情報がまとめられた読み応えのある名作レポートとなっている。

写真:SCMP(South China Morning Post)の「China Internet Report2019」の表紙

関心のある方は直接入手して読んで頂きたいが、1点だけ当サイト(GloTechTrends)としてご紹介しておきたい。2019年のテックトレンドとして、「猿真似」をする側だったチャイナテックが世界からコピーされる側へと変化したというのである。金融、ソーシャルメディア、Eコマース、ショートビデオなどのマルチファンクションを搭載したスーパーアプリ型のビジネスモデルを世界のテクノロジー企業がこぞってコピーし、再現しようとしているというのだ。

写真:SCMP(South China Morning Post)の「China Internet Report2019」より抜粋

当サイトでも以前、シンガポールを拠点とする東南アジア最大のライドシェア企業である「Grab」が、アリペイを模倣し、金融やエンタメのファンクションにまで拡大し、中国型のスーパーアプリを志向しはじめたという話をお伝えした。この動きは、GrabだけでなくインドネシアのGO-JEK(ゴジェック)でも同様の現象が起こっている。最近では、より一歩踏み込んでスーパーアプリとスーパーアプリが連携する事例までも誕生しつつある。

参考記事:

シンガポールのライドシェアGrabが複合ビジネスモデルを志向しスーパーアプリへと変貌中!

アリペイ「Overseas Taxi」活用で中国人旅行者はGrabなどの現地ライドシェアを簡単に利用可能!

日本ではスーパーアプリとしてLineが先頭を走っているが、中国のアリペイやWeChatのように大多数のユーザーがマルチファンクションを楽しんでいる状況と比較するとまだまだ程遠い。この先、日本では、どのテック企業がスーパーアプリの覇権を握ることとなるかは非常に興味深いところである。

写真:SCMP(South China Morning Post)の「China Internet Report2019」より抜粋

さて、SCMP(South China Morning Post)が公表した2019年の中国テックの新潮流として、その他には「5G関連技術の急速な発展」、「人工知能(AI)の広範囲における応用」、「信用スコアの社会浸透が現実化」の計4ポイントが挙げられた。SCMP(South China Morning Post)の「China Internet Report2019」は読み応えのある極めて優良なレポートとなっている。

Facebook
Twitter
Email
Print