ニューリテール

コラボブランド「KAWS(カウズ)」に中国人が殺到し商品争奪戦を展開!ユニクロは、中国人の性質を知り尽くしている!

ユニクロは中国市場を知り尽くし、大成功を収めている日本企業の代表的な存在である。6/3、ユニクロは、ニューヨークでグラフィック・デザイナーとして活動するKAWS(カウズ)とのコラボブランドを限定品としてリリースしたが、これが中国人の心を捉え、その成立を理解し、見事に店舗に人々を集客殺到させることに成功し大成功を収めたのだ! [...]

ニューリテール戦略に異変あり?盒馬鲜生(フーマーシェンション)が初となる店舗閉鎖を発表!

5/31、アリババが展開するニューリテール戦略の中核店舗である「盒馬鲜生(フーマーシェンション)」から初めての店舗閉鎖に関するニュースが公表された。「盒馬鲜生(フーマーシェンション)」は、店舗運営開始から3年で中国全土に150店舗を展開していただけに店舗閉鎖のニュースは意外な印象である。盒馬鲜生(フーマーシェンション)の店舗閉鎖が意味するものとは? [...]

ウォルマートの「Intelligent Retail Lab(IRL)」はAmazonGoと別戦略!人工知能で在庫管理!

4/25 ウォルマートが最初の人工知能活用型スーパーマーケット「Intelligent Retail Lab(IRL)」をニューヨークにオープンさせた。4600平米もの巨大店舗には3万もの商品アイテムが配置されている。店内の天井には、AmazoGo同様、多数の人工知能搭載カメラとセンサーが設置されている。これらの人工知能カメラの見つめる先はユーザーではなく在庫だ。 [...]

アリババがニューリテール戦略で次の一手!盒馬鲜生(フーマーションシェン)が新業態を発表!

4月上旬、アリババが展開するニューリテール戦略の重要店舗である盒馬鲜生(フーマーションシェン)が、3つの新店舗戦略を公表し合計して5つの店舗戦略レイアウトを発表した。従来の盒馬鲜生(フーマーションシェン)は、都市部の若年層がメインターゲットであったが今後ターゲット層が拡大しそうである。 [...]

資生堂とアリババが中国国内ビジネスで戦略業務提携を発表!

4/1資生堂よりアリババとの戦略的業務提携の締結が発表された。同時に杭州にあるアリババ本社近くの未来科技城の一角に、資生堂がアリババとの提携業務を推進する「資生堂×アリババ戦略連携オフィス」を開設するようだ。杭州の未来科技城に有力な日本企業が進出することになり面白い展開になってきた。 [...]

アリババの次なる狙いは住宅メンテナンスのデジタル化!アリババエコシステムの拡大は続く!

3/18、アリババは、河南省に拠点を構える住宅メンテナンス企業「匠多多(ジャンドゥドゥ)」に出資し20%の株式を有する大株主となった。匠多多(ジャンドゥドゥ)は、住宅の照明交換など、住宅メンテナンス分野での有名企業である。アリババはこの分野にもデジタル化を仕掛けようとしている! [...]

テンセントのスマートリテール戦略が2.0へとアップグレード!アリババのニューリテール戦略の相違点とは(まとめ)?

中国でニューリテール戦略と総称される小売業の進化が進んでいる。テンセントもアリババのニューリテールに対抗し、スマートリテール戦略(智慧超市)を推進しているがスマートリテール(智慧超市)2.0へと大きな進化をしたようだ。アリババとテンセントの小売業戦略について共通点と相違点をまとめておきたい。 [...]

大塚家具の経営権は誰の手中に?厳しい内容の中国企業との資本提携!

2/15、大塚家具から増資に関する正式文書が公表された。第三者割当増資と新株予約権の行使を考慮すると50.56%の過半数を保有される厳しい内容だ。以前より協力パートナーとされていた中国家具販売大手居然之家(EASYHOME)の資本参加もなく中国企業との資本提携の厳しさを物語る内容だ。 [...]