Elementor #2020

10月9日に京東(JINGDONG.com)は、上海市嘉定区において完全無人化を実現する倉庫をオープンした。この物流センターは、面積は4万平方メートルに及ぶ巨大倉庫で、荷受、保管サービス、受注管理、ピッキング及びパッキングという全ての工程で完全無人化を実現してしまうという。

 

  •  10月9日に京東が完全無人化の物流センターをオープン

まずは、倉庫オープンにあたり発表された倉庫内の映像をご覧いただきたい。

倉庫内のビデオ映像:

京東(JINGDONG.com ナスダック上場)が、上海において完全無人化を実現した物流倉庫をオープンさせたことにより、今後は物流業の無人化が加速して行くことは間違いなさそうだ。

さらに、京東は物流センターだけでなく、デリバリー分野にもドローンなどを活用し無人デリバリーの実現に力を注いでいる。無人化物流センターと無人デリバリーが融合し総合的な無人化ロジスティックが完成する日もそう遠くないことを予感させる。

全プロセス無人化グローバルロ物流倉庫 gif1視覚的検査

全プロセス無人化グローバルロ物流倉庫 gif2立体倉庫保管

全プロセス無人化グローバルロ物流倉庫 gif3仕分ロボット

全プロセス無人化グローバル6物流倉庫 gif4自動パッキング

全プロセス無人化グローバルロ物流倉庫 gif5ロボット運送

GlotechTrends(グローバルテクノロジートレンド)としては、今後も無人化に関する新しい情報を皆様にお届けしていくことにしたい。