フィンテック

「MobilePay」で完全なるキャッシュレス社会へ向かうデンマーク、紙幣の国内製造すら停止|北欧諸国

デンマーク中央銀行は2017年1月1日造幣局の閉鎖を決定し国内でのコイン紙幣の造幣を停止した。現在はコインを外国で少量だけ委託製造しているが、紙片については印刷していないと言う。北欧諸国でもキャッシュレス社会化の加速が止まらない。 [...]

アリペイのマレーシア普及から推測する、今後のアリババグループの東南アジア戦略 アリババ|東南アジア

久しぶりに訪問したマレーシアで、スタバでアリペイ使えるようになっていた。8月27日の発表では、既にマレーシア国内のスターバックス242店舗でアリペイが利用できるようになっていると言う。加速度を増すアリペイの普及から今後のアリババグループの東南アジア戦略を予想する。 [...]

2017年5月アリペイが香港で本格的ビジネスをスタート、HKのキャッシュレス社会化を目指す|アリペイ香港

アリペイは、2017年5月25日から香港で本格的にサービスを稼働した。8月23日香港政府トップのキャリー・ラム行政長官が、杭州のアリババ本社を訪れアリババ代表ジャックマーと会談を行った。アリペイが香港をどう攻略していくのか、アリペイの日本進出においてもとても参考にと事例となるだろう。 [...]

アリババとテンセントは、キャッシュレス社会での世界制覇を本気で狙っていた|杭州、深セン

この2ヶ月間キャッシュレス社会の進展を体感するために、杭州と深センの二つの街を訪問した。アリペイの杭州。WeChatPeyの深セン。既に中国では圧倒的なパワーで市場を制圧し、いよいよ世界市場に本格的に攻勢をかける。世界中で認知され使用される日はそう遠くないのかもしれない。 [...]

【キャッシュレス社会の衝撃】 第4回 小さな蟻が社会を変えた!Ant Financialの大金融革命! Ant Financial /中国

Ant Financialは、中国の巨大なFintech企業である。元々Ant Financialは、2004年12月にアリババが運営するイーコマースでの決済を目的にアリペイとして誕生し、徐々にそのビジネス領域を拡大し、現在では中国のキャッシュレス社会を象徴する金融機関となっている。 [...]

【キャッシュレス社会の衝撃】 第2回 わかる!アリペイの 仕組み! アリペイ(支付宝)/中国

中国ではキャッシュレス社会の実現が急速に進んでいる。キャッシュレスでの支払いを実現させるルールがアリババが運営するアリペイと、テンセントが運営するウィーチャットペイである。アリペイのユーザー数は、中国国内に4億5千万人。(2016年末現在) [...]