フィンテック

騰訊(テンセント)WeChatpayに金利がつく「零銭通」、信用スコアサービス「騰訊信用」巨大Fintech企業化が鮮明に|テンセント

Eコマース分野で創業したアリババは、アントフィナンシャルをグループに抱え既に巨大Fintech企業となった。一方、テンセントはSNSやゲーム分野で創業した巨大企業だが急速に金融色を強めている。両社は、FIntech企業として世界への影響力を強めている。 [...]

【アリババニューリテール戦略の全貌】第4回:アリババが10月に車の自動販売機業務を開始、芝麻信用750スコアのユーザー対しその場で即日車を引き渡し|アリペイ

好評のためもうしばらくアリババのニュリテール戦略についてシリーズ化を継続することにしたい。以前から噂があったアリババの車の自動販売機であるが、昨日プロモーションビデオが公開された。どうやらこれもアリババが目指す「ニューリテール戦略」の一翼を担うようだ。 [...]

「MobilePay」で完全なるキャッシュレス社会へ向かうデンマーク、紙幣の国内製造すら停止|北欧諸国

デンマーク中央銀行は2017年1月1日造幣局の閉鎖を決定し国内でのコイン紙幣の造幣を停止した。現在はコインを外国で少量だけ委託製造しているが、紙片については印刷していないと言う。北欧諸国でもキャッシュレス社会化の加速が止まらない。 [...]

アリペイのマレーシア普及から推測する、今後のアリババグループの東南アジア戦略 アリババ|東南アジア

久しぶりに訪問したマレーシアで、スタバでアリペイ使えるようになっていた。8月27日の発表では、既にマレーシア国内のスターバックス242店舗でアリペイが利用できるようになっていると言う。加速度を増すアリペイの普及から今後のアリババグループの東南アジア戦略を予想する。 [...]

2017年5月アリペイが香港で本格的ビジネスをスタート、HKのキャッシュレス社会化を目指す|アリペイ香港

アリペイは、2017年5月25日から香港で本格的にサービスを稼働した。8月23日香港政府トップのキャリー・ラム行政長官が、杭州のアリババ本社を訪れアリババ代表ジャックマーと会談を行った。アリペイが香港をどう攻略していくのか、アリペイの日本進出においてもとても参考にと事例となるだろう。 [...]

アリババとテンセントは、キャッシュレス社会での世界制覇を本気で狙っていた|杭州、深セン

この2ヶ月間キャッシュレス社会の進展を体感するために、杭州と深センの二つの街を訪問した。アリペイの杭州。WeChatPeyの深セン。既に中国では圧倒的なパワーで市場を制圧し、いよいよ世界市場に本格的に攻勢をかける。世界中で認知され使用される日はそう遠くないのかもしれない。 [...]