フィンテック

KPMGが2019版中国フィンテック企業50( China Leading Fintech50)を公表!

KPMGが中国の注目フィンテック企業50社を紹介する「China Leading Fintech50(中国领先金融科技企業50)2019」を発表した。精緻な分析に基づいた100ページ以上に及ぶ大型レポートで、中国フィンテック業界のトレンドを知る上で非常に有益で、かつクオリティーの高いレポートとなっている。当サイト(GloTechTrends)でも簡単にエッセンスを紹介するが是非原本をご覧いただきたい。 [...]

アントフィナンシャルが世界最大級のフィンテックカンファレンス『INCLUSION』を4月に上海で開催へ

世界最大のフィンテック企業であるアントフィナンシャルは、世界中の金融テクノロジー関係者が一堂に会し、デジタル技術を通して、より包括的で環境に優しく持続可能な未来の世界を目指す第1回フィンテックカンファレンス『INCLUSION(インクルージョン)』を上海で開催することを発表した。アントフィナシャルが主催となる世界規模でのフィンテックフェスティバルでどんな新しい発表がなされるのか非常に楽しみである。 [...]

【総合フィンテック企業とは】第7回 備用金(备用金:ベイヨンジン)で500元ほどのマイクロファイナンスの仕組みを実 現!|アントフィナンシャル

アントフィナンシャルのユニークなマイクロファイナンス商品「備用金(备用金:ベイヨンジン)」に注目が集まっている。既に、備用金(ベイヨンジン)のサービスそのものは一年ほど前からアリペイメンバー限定で500元程の即日キャッシングを無料提供していた。ユーザーは7日以内の返済を条件に、利息なしで小口キャッシングが可能であった。アントフィナンシャルのマイクロファイナンス商品の収益化は果たして成功するのだろうか。 [...]

アリペイのフィンテック機能「アントフォーレスト(蚂蚁森林)」がフィリピンでサービス開始!

6/25 アントフィナンシャルは、フィリンピンで提携関係にあるGCashと共同でフィリンピン版「アントフォーレスト(アント森林)」をリリースした。今後はフィリピンのGcashユーザーもグリーンエネルギーを蓄積し、蓄積したポイントを利用してフィリピンの環境保護に貢献できるようになる! [...]

平安グループのフィンテック企業「OneConnect(金融壹账通)」はHKでのIPO予定を変更しNYSE上場を目指す?

香港のメディアであるSCMP(SouthChinaMorningPost)が報道したところによれば、香港市場での株式公開が有力視されていた平安保険グループのフィンテック企業「OneConnect Financial Technology (上海壹账通金融科技有限公司)」は、今年9月にも予定変更しNYSEで上場するという匿名関係者の談話を紹介した。OneConnect(上海壹账通)側は、直ぐにこの報道を否定したが、米中貿易戦争が激化する中で、中国有力スタートアップがどの市場での株式公開を選択するかは、非常に悩ましい問題となっている。 [...]

アリペイ「Overseas Taxi」活用で中国人旅行者はGrabなどの現地ライドシェアを簡単に利用可能!

6/10、中国人の海外旅行者が海外で現地ライドシェアを簡単に活用できるサービスが開始された。サービス名は、「Overseas Taxi (境外打車)ミニプログラム」であり、このサービスを活用すれば、例えばシンガポールを訪問した中国人観光客は、空港からアリペイから「Overseas Taxi (境外打車)」にアクセスするだけでライドシェア「Grab」を活用できる! [...]

アントフィナンシャル提供のブロックチェーン活用型の保険的互助商品「相互宝」(シャンフーバオ)が高齢者も対象へ!

既に5800万人以上が参加しているアントフィナンシャルが提供するブロックチェーン活用型保険「相互保」(シャンフーバオ)であるが、5/8ついに老人版相互保とも言える「相互宝父母版」を発売した。60-70歳の高齢者もブロックチェーンを活用した保険に気軽に参加できるようになる!アントフィナンシャルのフィンテック分野における技術加速が止まりそうもない! [...]

フィンテック企業の成功事例として注目を集める「平安保険グループ」の時価総額は23兆円規模!

中国マクロ景気が低迷する中でも世界的にフィンテック成功企業として注目を集める企業がある。深センを拠点に総合フィンテック金融サービスを展開する平安保険グループである。その時価総額は既にアリババの半分程度(日本円で23兆円)まで成長し、金融業界全般に大きな存在感を示しつつある。 [...]