キャッシュレス社会

2017年5月アリペイが香港で本格的ビジネスをスタート、HKのキャッシュレス社会化を目指す|アリペイ香港

アリペイは、2017年5月25日から香港で本格的にサービスを稼働した。8月23日香港政府トップのキャリー・ラム行政長官が、杭州のアリババ本社を訪れアリババ代表ジャックマーと会談を行った。アリペイが香港をどう攻略していくのか、アリペイの日本進出においてもとても参考にと事例となるだろう。 [...]

アリババとテンセントは、キャッシュレス社会での世界制覇を本気で狙っていた|杭州、深セン

この2ヶ月間キャッシュレス社会の進展を体感するために、杭州と深センの二つの街を訪問した。アリペイの杭州。WeChatPeyの深セン。既に中国では圧倒的なパワーで市場を制圧し、いよいよ世界市場に本格的に攻勢をかける。世界中で認知され使用される日はそう遠くないのかもしれない。 [...]

深センでシェア充電器「来電」の使用体験 アリペイの芝麻信用600でデポジット無し! 来電|中国

次なるシェア自転車として期待の高まる「シェア充電器」。まさかシェア自転車がこれほどの急展開をするわけが無いとシェア自転車に投資しなかった投資家たちが、今「シェア充電器」ビジネスに群がっている。深セン本社「来電」。今回アリペイと芝麻信用のサービスを使って来電のサービスを試してみた。 [...]

「Mobike」本社のある深セン シェア自転車規制発表後のマナーの変化 Mobike/中国

急拡大したシェア自転車ビジネスであるが、マナー違反が多く中国政府が8月上旬「シェア自転車の発展と推進に関するガイドライン」を発表した。駐車位置が指定されるなど規制が強化された。どう変化したのかMobikeの拠点である深センからレポートしたい。 [...]

【キャッシュレス社会の衝撃】マレーシアのキャッシュレス社会化 アリペイやWechatpayの相互乗入実現か?|マレーシア

8月14日発行の「The EDGE」マレーシア版が、とうとう表紙に「Going Cashless」を象徴的なイラストと共に目立つように記載し、中国で改革をもたらしたキャッシュレスペイメントが、マレーシアでも同じように展開するのではないかと特集記事を組んだ。 [...]

中国シェア自転車ビジネスの問題点 改善のため中国政府がガイドラインを発表。シェア自転車|中国

急拡大したシェア自転車ビジネスは、中国国内では様々な問題が発生している。利便性は抜群に高いがその一方でユーザーの盗難や不法投棄が多発している。また子供の死亡事故が複数発生し事態は深刻化している。中国政府が8月上旬「シェア自転車の発展と推進に関するガイドライン」を発表し改善を急ぐ。 [...]

(続)シェア自転車がマレーシアでも始まった!OBIKE | シンガポール企業)

マレーシアでのシェア自転車について記事にしたのが3週間ほど前。再びマレーシアに足を踏み入れてみると、KLの中心部のいたるところにOBIKEの自転車が溢れかえっていた。ビジネススピードが早い。さらに、8月3日中国の最大手ofoもKLから車で2時間の世界遺産都市マラッカへ進出を発表した。 [...]

シンガポールでもキャッシュレス無人コンビニ第1号店「Cheers」が開業へ 無人化 | シンガポール

世界中で、キャッシュレス無人コンビニの開業競争が熱い。GlotechTrendsが拠点とするシンガポールにも無人コンビニがオープンした。「Cheers」は、南陽工業大学のキャンパス内に第1号店舗をオープンし、キャッシュレスでの支払いカウンターとファーストフード自動販売機を組み合わせた無人コンビニで、今後の多店舗展開を目論んでいる。 [...]