Author
nobbyconsulting

【無人化】8月8日中国で発生した九寨溝地震。ドローンが地震緊急4G通信網基地局となり大活躍|中国

8月8日に起きたM7.0の大地震。四川省の世界遺産、「九寨溝」を直撃し多くの被害を出し現在も被害者の救出作業が行われている。携帯電話の基地局も大被害を受け携帯通信が不可能となった。そこで緊急基地局を開設し活躍したのは「ドローン」だ。 [...]

【キャッシュレス社会の衝撃】マレーシアのキャッシュレス社会化 アリペイやWechatpayの相互乗入実現か?|マレーシア

8月14日発行の「The EDGE」マレーシア版が、とうとう表紙に「Going Cashless」を象徴的なイラストと共に目立つように記載し、中国で改革をもたらしたキャッシュレスペイメントが、マレーシアでも同じように展開するのではないかと特集記事を組んだ。 [...]

中国シェア自転車ビジネスの問題点 改善のため中国政府がガイドラインを発表。シェア自転車|中国

急拡大したシェア自転車ビジネスは、中国国内では様々な問題が発生している。利便性は抜群に高いがその一方でユーザーの盗難や不法投棄が多発している。また子供の死亡事故が複数発生し事態は深刻化している。中国政府が8月上旬「シェア自転車の発展と推進に関するガイドライン」を発表し改善を急ぐ。 [...]

【無人化】自動運転の鍵を握るNvidiaとは?ゲーム用半導体からAI向け半導体ビジネスへ TSMCを食う日は近い?

もう人工知能関を手がける人でNvidiaを知らない人はいないだろう。 数年前は、単なるゲーム用の半導体メーカーだったNvidiaが、今はAiの未来の鍵を握る最も注目されているシリコンバレー拠点の台湾企業となった。 ファブレスにこだわり続け、社員数1万人ちょっとのNvidiaがみるみるうちに時価総額11兆円規模となり、さらなる事業の拡大を目指している。 [...]

(続)シェア自転車がマレーシアでも始まった!OBIKE | シンガポール企業)

マレーシアでのシェア自転車について記事にしたのが3週間ほど前。再びマレーシアに足を踏み入れてみると、KLの中心部のいたるところにOBIKEの自転車が溢れかえっていた。ビジネススピードが早い。さらに、8月3日中国の最大手ofoもKLから車で2時間の世界遺産都市マラッカへ進出を発表した。 [...]

シンガポールでもキャッシュレス無人コンビニ第1号店「Cheers」が開業へ 無人化 | シンガポール

世界中で、キャッシュレス無人コンビニの開業競争が熱い。GlotechTrendsが拠点とするシンガポールにも無人コンビニがオープンした。「Cheers」は、南陽工業大学のキャンパス内に第1号店舗をオープンし、キャッシュレスでの支払いカウンターとファーストフード自動販売機を組み合わせた無人コンビニで、今後の多店舗展開を目論んでいる。 [...]