Author
nobbyconsulting

【無人化】深センIOT国際展示会で発見したウェイトレスロボット、無人レストランの実現可能性

無人化が進む中で、ウェイトレスが必要とされない時代はやってくるのか?中国のレストランで、座席につくとQRコードでメニューをスキャンし、スマホからオーダーする仕組みも段々普及してきている。IOT国際展示会で発見したウェイトレスロボットと合わせてレポートする。 [...]

RFIDタグが廉価に製造できる時代へ突入。無人化、キャッシュレス社を促進するか? 深セン|中国

RFID(Radio frequency Identification)がいよいよ普及する時代へと突入しそうな気配だ。今回訪問中の深センIOT国際展示会において、その会場の三分の一がRFID関係、製造コストも廉価となり無人コンビニに代表される無人化社会の到来を加速させる可能性が高い。 [...]

深センでシェア充電器「来電」の使用体験 アリペイの芝麻信用600でデポジット無し! 来電|中国

次なるシェア自転車として期待の高まる「シェア充電器」。まさかシェア自転車がこれほどの急展開をするわけが無いとシェア自転車に投資しなかった投資家たちが、今「シェア充電器」ビジネスに群がっている。深セン本社「来電」。今回アリペイと芝麻信用のサービスを使って来電のサービスを試してみた。 [...]

「Mobike」本社のある深セン シェア自転車規制発表後のマナーの変化 Mobike/中国

急拡大したシェア自転車ビジネスであるが、マナー違反が多く中国政府が8月上旬「シェア自転車の発展と推進に関するガイドライン」を発表した。駐車位置が指定されるなど規制が強化された。どう変化したのかMobikeの拠点である深センからレポートしたい。 [...]

【無人化】8月8日中国で発生した九寨溝地震。ドローンが地震緊急4G通信網基地局となり大活躍|中国

8月8日に起きたM7.0の大地震。四川省の世界遺産、「九寨溝」を直撃し多くの被害を出し現在も被害者の救出作業が行われている。携帯電話の基地局も大被害を受け携帯通信が不可能となった。そこで緊急基地局を開設し活躍したのは「ドローン」だ。 [...]

【キャッシュレス社会の衝撃】マレーシアのキャッシュレス社会化 アリペイやWechatpayの相互乗入実現か?|マレーシア

8月14日発行の「The EDGE」マレーシア版が、とうとう表紙に「Going Cashless」を象徴的なイラストと共に目立つように記載し、中国で改革をもたらしたキャッシュレスペイメントが、マレーシアでも同じように展開するのではないかと特集記事を組んだ。 [...]