Author
nobbyconsulting

中国シェア自転車ビジネスの問題点 改善のため中国政府がガイドラインを発表。シェア自転車|中国

急拡大したシェア自転車ビジネスは、中国国内では様々な問題が発生している。利便性は抜群に高いがその一方でユーザーの盗難や不法投棄が多発している。また子供の死亡事故が複数発生し事態は深刻化している。中国政府が8月上旬「シェア自転車の発展と推進に関するガイドライン」を発表し改善を急ぐ。 [...]

【無人化】自動運転の鍵を握るNvidiaとは?ゲーム用半導体からAI向け半導体ビジネスへ TSMCを食う日は近い?

もう人工知能関を手がける人でNvidiaを知らない人はいないだろう。 数年前は、単なるゲーム用の半導体メーカーだったNvidiaが、今はAiの未来の鍵を握る最も注目されているシリコンバレー拠点の台湾企業となった。 ファブレスにこだわり続け、社員数1万人ちょっとのNvidiaがみるみるうちに時価総額11兆円規模となり、さらなる事業の拡大を目指している。 [...]

(続)シェア自転車がマレーシアでも始まった!OBIKE | シンガポール企業)

マレーシアでのシェア自転車について記事にしたのが3週間ほど前。再びマレーシアに足を踏み入れてみると、KLの中心部のいたるところにOBIKEの自転車が溢れかえっていた。ビジネススピードが早い。さらに、8月3日中国の最大手ofoもKLから車で2時間の世界遺産都市マラッカへ進出を発表した。 [...]

シンガポールでもキャッシュレス無人コンビニ第1号店「Cheers」が開業へ 無人化 | シンガポール

世界中で、キャッシュレス無人コンビニの開業競争が熱い。GlotechTrendsが拠点とするシンガポールにも無人コンビニがオープンした。「Cheers」は、南陽工業大学のキャンパス内に第1号店舗をオープンし、キャッシュレスでの支払いカウンターとファーストフード自動販売機を組み合わせた無人コンビニで、今後の多店舗展開を目論んでいる。 [...]

ORII社のスマートボイスリングは、リングをはめた指を経由して音声でスマホを操作可能 ORII /ガジェット

香港科技大学のMBA卒の黃家恒(Huang Jiaheng)を中心とする4人組が世界初の骨電動技術を活用したスマートボイスリングを発明し商品化へ。2015年に設立されたOrigami Labsでは、Kickstarterにてクラウドファンディング中、目標は既に達成。2018年2月発売予定。 [...]

【キャッシュレス社会の衝撃】アリペイ(アントフィナンシャル)のマレーシア展開、CIMBの子会社Touch ‘n Goがアリペイと提携|マレーシア

2017年7月24日アリペイ(アントフィナンシャル)がマレーシアでも提携先を明確にした。アリペイが、マレーシアで提携先として選んだのは、CIMB銀行の子会社Touch ‘n Goだ。発行数1900万、同国では知名度抜群のカードである。 [...]