Author
nobbyconsulting

盒馬鮮生(フーマーフレッシュ)がデジタルショッピングモール「盒馬里(フーマーリー)」1号店をオープン!

11/30、アリババのニュー・リテール戦略において生鮮食品分野を担当してきた盒馬鮮生(フーマーフレッシュ)は、新しい試みとして総合ショッピングモール「盒馬里(フーマーリー)」を深センにオープンさせた。ユーザーは「盒馬里(フーマーリー)」のアプリからモール内に入店する60店舗から自由にOMO(オンラインとオフラインの融合)によるデリバリー注文が可能となる。 [...]

ブロックチェーンによる売掛金証券化で有名な浙商銀行が上海上場!ハイパーチェーンの技術力にも注目!

11/26 ブロックチェーンを活用した売掛金証券化で有名な「浙商銀行(CZbank)」が上海取引所にA株式を上場した。浙商銀行(CZbank)は浙江省杭州に本店を構え、既に香港証券取引所にも上場している。ここ数年はブロックチェーンの金融分野への実装を展開しており、中でもハイパーチェーン(趣鏈科技)とともに取り組んでいるブロックチェーン技術による売掛金の証券化商品は既に2000億元規模に達している。 [...]

Grabが新機能「Grab Mart(グラブマート)」をパイロット運用!東南アジアでもニュー・リテールが加速する兆し?

11/18からGrabは、マレーシアのクアラルンプールにおいて新サービス「Grab Mart(グラブマート)」のパイロット運転に取り組んでいる。ユーザーは、GrabのプラットフォームにあるGrab Mart(グラブマート)の機能を選択し、そこから注文すれば指定する場所までバイクを活用したデリバリースタッフが快速デリバリーしてくれるのだ。中国式のニュー・リテールが東南アジアでも拡大する兆しだ。 [...]

BEENOSがtokopedia(トコペディア)CEOなどユニコーン起業家を招き「BEE GLOBAL CAMP プレスカンファレンス 」を東京で開催!

11/21、BEENOS株式会社は起業家の起業家によるネットワーキングイベント「BEE GLOBAL CAMP」を東京で開催した。ゲストにはBEENOS投資先経営陣が集結し盛大なイベントとなった。インドネシアからユニコーン企業「Tokopedia(トコペディア)」、ベトナムからCtoC分野のNo1マーケットプレイス「Sendo(センド)」、「Zilingo」などが参加し、BEENOS投資先のポテンシャルの高さはもちろん、BEENOS社の中核ビジネスであるクロスボーダービジネスとの相乗効果を十分に期待できる興味深いイベントとなった。 [...]

中国ブロックチェーン関連企業大手「Cannan (嘉楠耘智)」がナスダック市場へ株式上場を実現!

11/21、中国杭州を拠点とするブロックチェーンに関連したマイニング大手Cannan (嘉楠耘智)が、ついにアメリカのナスダック市場に上場した。公募価格は9USDであったが取引開始直後に13USDまで上昇し、終値は公募価格と同水準の8.99USDと波乱含みの初日商いとなった。中国マイニング業界最大手のBitMain (ビットメイン)も既にアメリカ市場へ上場申請しており、中国マイニング関連企業のアメリカ市場への株式公開が続きそうな予感である。 [...]

天猫ダブルイレブンでアリババクラウド開発のAIチャットボット「阿里小蜜(アリシャオミー)」が大活躍! 

天猫ダブルイレブンにおいて、今年もアリババクラウドが提供する「阿里小蜜(アリシャオミー)」が大活躍した。タオバオ(Taobao)および天猫(Tmall)におけるオンラインからの顧客問合わせの97%をAIチャットボットである阿里小蜜(アリシャオミー)が処理したという。既に21カ国語に自動翻訳できる驚異のツールとなっており、今年の天猫ダブルイレブンでは約16億6,000万回の翻訳機会が記録され、2,000億語以上の単語が中国語から他言語に翻訳された。 [...]

中国スタートアップ投資は厳冬期に突入!投資金額、投資件数ともに大幅減!

11/13、中国有名リサーチ企業であるWin.d(https://www.wind.com.)が公表したデータによれば、2019年中の現時点の中国スタートアップに関連する投資件数は388件(前年2182件)、投資金額は1798億元(前年は11513.84億元)と昨年比において投資件数および投資総額ともに歴史的な減少に見舞われている。スタートアップ投資の減少傾向は、証券市場全体にも大きな影響がありそうだ。 [...]

Luckin Coffee(ラッキンコーヒー)のQ3決算は財務数値改善傾向!株価はポジティブに反応!

11/13、中国におけるニュー・リテール型コーヒー店舗として注目を集める「Luckin Coffee(ラッキンコーヒー=瑞幸咖啡)が、市場予想を上回る第3四半期決算をリリースし、株価も13%高となるポジティブ反応を示した。OMO型(オンラオンとオフラインの統合)の新ビジネスモデルに挑戦中のLuckin Coffee(ラッキンコーヒー)だが一定の成果を示し黒字化か見えるところまで到達している。 [...]