Author
nobbyconsulting

コラボブランド「KAWS(カウズ)」に中国人が殺到し商品争奪戦を展開!ユニクロは、中国人の性質を知り尽くしている!

ユニクロは中国市場を知り尽くし、大成功を収めている日本企業の代表的な存在である。6/3、ユニクロは、ニューヨークでグラフィック・デザイナーとして活動するKAWS(カウズ)とのコラボブランドを限定品としてリリースしたが、これが中国人の心を捉え、その成立を理解し、見事に店舗に人々を集客殺到させることに成功し大成功を収めたのだ! [...]

中国で盛り上がる人工知能教育!STEAM(スティーム)教育を中心にEdTech市場が爆発的に拡大中!

中国メディアによれば、昨年度人工知能関連分野に就職した博士課程修了者の平均年俸は80万元程度(日本円1280万円程度)との報道が流れた。一昨年の水準が博士課程修了者50万元(800万円)、修士課程修了者30万元(480万円程度)と比較しても上昇幅は大きい。こうした背景に合わせ爆発的ブームとなっているのが子供世代に対するSTEAM (スティーム) 教育である。中国の人工知能教育について少しまとめてみたい。 [...]

アリババクラウドとWeWorkとソフトバンクテレコムチャイナが事業提携!中国進出を目指す企業をサポート!

5/30、アリババグループのデータインテリジェンスの中枢であるアリババクラウドはWeWorkとソフトバンクテレコムチャイナとの3社間戦略的提携の締結を発表した。中国進出や中国事業拡大を目指す企業に対して、クラウドを基盤としたテクノロジーソリューション、企業サービス、ワーキングスペース、ビジネスイベントなどのソーシャライジングなどのワンストップサービスを提供するのが狙いのようだ。 [...]

米中貿易戦争はますます激化へ!米商務省「エンティティー・リスト」への追加が噂される中国企業5社とは?

5/23ブルーンバーグによる報道によると、米政府は「エンティティー・リスト(ブラックリスト)掲載企業」を監視機器大手まで広げる検討をしているようだ。候補として名前が挙げられたのは、かつて当サイトでも、取り上げた中国でもその実力を評価されていた技術力の高い人工知能企業が並ぶ。「曠視科技(Megvii)」、「ハイクビジョン(Hikvision)」、「科大訊飛(iFlyTek)」など日本では華為技術(ファーウェイ)ほど知名度は無いが、中国では超有名企業ばかりが並ぶ。 [...]

アリペイがヨーロッパの決済企業大手「Adyen」「Klarna」と提携!アリエクスプレスでの「Buy now, Pay later」を実現!

5/10、アントフィナンシャルが提供する中国決済「アリペイ」、オランダを本拠地とするグローバル決済企業「Adyen」、スウェーデンの後払い決済サービス企業「Klarna」の3社が提携を発表した。この提携により、アリババが展開するグローバルEコマースプラットフォーム「アリエクスプレス(AliExpress)」で、ユーザーが商品購入する際「Klarna」が提供する「Pay later」ソリューションによる後払い決済が実現する。「アリエクスプレス(AliExpress)」がヨーロッパ市場での攻勢を強めようとしている。 [...]

データが示す百度(baidu)の苦難!スーパーアプリが検索エンジンをリプレース?

中国最大の検索エンジンである百度(baidu)が上場以来となる赤字を記録した。BATの一角として長らく中国IT業界を牽引してきた百度(baidu)であるが異変が生じているようだ。スマホに関連するデータを詳細にチェックしながら、中国で起こっているトレンド変化を分析してみたい。インターネットへのエントランスが検索エンジンからスーパーアプリへと変化している! [...]

ニューリテール戦略に異変あり?盒馬鲜生(フーマーシェンション)が初となる店舗閉鎖を発表!

5/31、アリババが展開するニューリテール戦略の中核店舗である「盒馬鲜生(フーマーシェンション)」から初めての店舗閉鎖に関するニュースが公表された。「盒馬鲜生(フーマーシェンション)」は、店舗運営開始から3年で中国全土に150店舗を展開していただけに店舗閉鎖のニュースは意外な印象である。盒馬鲜生(フーマーシェンション)の店舗閉鎖が意味するものとは? [...]

小米(シャオミ)がインドでスマホの自動販売機による販売スタート!急拡大するインドスマホ市場!

5/15、小米(シャオミ)がインドを代表するIT都市バンガロールのマンヤタ(Manyata)テクノロジーパーク内でオフライン販路拡大のためスマホ用の自動販売機「Mi Express」による販売をスタートした。「Mi Express」では、Y3、6A、Note7などの小米(シャオミ)スマホやアクセサリーを含め200程度の在庫が格納されているという。ユーザーはQRコード決済、現金、デビットカード、クレジットカードなどを活用し購入できる仕組みである。 [...]