アリペイがヨーロッパの決済企業大手「Adyen」「Klarna」と提携!アリエクスプレスでの「Buy now, Pay later」を実現!

5/10、アントフィナンシャルが提供する中国決済「アリペイ」、オランダを本拠地とするグローバル決済企業「Adyen」、スウェーデンの後払い決済サービス企業「Klarna」の3社が提携を発表した。この提携により、アリババが展開するグローバルEコマースプラットフォーム「アリエクスプレス(AliExpress)」においてユーザーは商品購入する際「Klarna」が提供する「Pay later」ソリューションによる後払い決済が可能となる。「アリエクスプレス(AliExpress)」がヨーロッパ市場での攻勢を強めようとしている。

 

ヨーロッパ消費者もアリエクスプレス(AliExpress)で「Buy now, Pay later(後払い)」購入可能へ!

5/10、「アリペイ」「Adyen」「Klarna」の3社がパートナーシップ提携を発表した。これによって、アリババグループが提供するグローバルEコマースプラットフォームであるアリエクスプレス(AliExpress)において、ヨーロッパのユーザーが商品購入をする際に、スウェーデンの決済企業「Klarna」が提供する人気の決済手法である「Pay later」ソリューションが活用し、代金後払いオプションを選択できるようになった。

今後、アリエクスプレス(AliExpress)のユーザーは、後払いを選択することで、商品配達後に商品代金を支払うという買い物フローが実現することとなる。届けられた商品を配達後に試し、気に入らなければそのまま決済することなく返品することも可能となる。アリエクスプレス(AliExpress)で、よりスムーズなショッピングエクスペリエンスが提供されることとなる。「Klarna」が提供する「Pay later」ソリューションを活用したユーザーには、二度目からは特別な手続き不要でクリックだけで後払い決済での購入が可能となり、非常に柔軟性の高いショッピングエクスペリエンスを実現する可能性を秘めている。既に、ヨーロッパではKlarnaが提供する「Pay later」ソリューションは人気となり知名度も高く、ヨーロッパ消費者の間で非常に強く好まれて活用されており、アリエクスプレス(AliExpress)が提携した意味は大きそうだ。

 

「Buy now, Pay later(後払い)」を提供するスウェーデンの決済企業「Klarna」とは?

Klarnaは、2005年にスウェーデンのストックホルムに設立された企業であり、オンライン消費者に対して、PayNow(今支払う)、PayLater(後払い)、など様々な決済オプションサービスを提供しているフィンテック企業である。ユーザーとマーチャントの双方にスムーズな決済エクスペリエンスを提供することで高評価を獲得し、現在では13万店舗のマーチャントを抱えている。従業員数は2,500人にのぼり、ヨーロッパを中心に14カ国でビジネス展開している。「Klarna」の決済サービスを活用すれば、クレジットカードを保有することなく、オンライン上でアドレスと郵便番号を入力するだけで決済可能となり、意外とクレジットカードが普及していないヨーロッパでは非常に重宝されているサービスなのである。しかも、マーチャントには販売と同時に入金されるというキャッシュフローを実現しており、マーチャントとユーザーの双方に人気の決済手法になっているのである。

参考記事:アリペイの後払い商品

【総合フィンテック企業とは】第2回 花唄(フアベイ)のバーチャルクレジットカード機能を活用して後払い!

 

Next Spolfyとして注目を集めたオランダの巨大ユニコーン「Adyen」は既に昨年6月にIPOも実現!

もう一つの提携先である「Adyen」は、日本ではあまり馴染みがないかもしれないが、フィンテック企業の雄としてグローバルに有名な企業である。Next Spolfyとして注目を集めたユニコーン企業であったが、既に2018年6月に上場を果たし現在の時価総額は207億ユーロ(日本円で2兆5500億円程度)に達する巨大決済企業となっている。

(Adyen 株価チャート:Yahoo Financeより)

Adyenが提供する決済代行プラットフォームには、Visa、Mastee、Apple Pay、アリペイ、WeChatPayなど250種類以上の決済方法が参加しており、かつ187種類もの通貨決済にも対応している。対応できる決済手段では、ライバル企業を寄せ付けず競合優位性を維持しているのである。Adyenの決済代行プラットフォームは、Facebook、Uber、Spotify、Gapなどにも提供されており、世界では非常に知名度の高いフィンテック企業となっている。

 

アリエクスプレス(AliExpress)が攻勢を強めるヨーロッパ市場!

アリエクスプレス(AliExpress)のグローバルコンシューマ、マーケットオペレーション責任者であるCheer Zhang氏は、「アリエクスプレス(AliExpress)は、常に消費者のショッピングエクスペリエンスの向上のための新しい革新的な方法を模索している。今回の提携先パートナーとなるKlarnaが提供する「Pay later」ソリューションは、ヨーロッパユーザーからの需要も高く、特定のヨーロッパ市場の国々においては最も好まれる決済手法の1つであり、アリエクスプレス(AliExpress)としては、AdyenとKlarnaと共に、将来のヨーロッパにおける事業戦略を展開できることを楽しみにしている。」と述べている。現在、アリエクスプレス(AliExpress)は、ロシア、スペイン、イタリア、トルコを中心に、ローカルセラー向けのグローバル展開サポートをスタートさせており、ヨーロッパ企業と提携を加速し今後のヨーロッパ展開が非常に興味深いものとなりそうだ。

Facebook
Twitter
Email
Print