「T-Mall」「アリペイ」などが3分でわかるアリババグループ、ジャック・マーが動物園の園長と称されるワケ

世界証券市場の中で時価総額43兆円規模に達したアリババグループ。世界時価総額ランキング堂々7位の企業である。「天猫」「タオバオ」「アリペイ」までは誰でもすぐに出てくるが、アリババグループ全体を把握するのは難しい。そこで、「3分でわかるアリババグループ」として、主要企業を簡単に解説してみたい。

 

アリババグループの主要企業は、動物(生き物)をモチーフとした企業集団。 アリババの時価総額は43兆円。堂々の世界第7位、第5位であるアマゾンは時価総額52兆円規模ではあるが、アリババは既にアマゾンの8割超の時価総額に達している。いつの間にか、アリババがアマゾンに匹敵する企業になっているという事実を素直に受け入れられるだろか?ちなみに楽天の時価総額は、1兆8000億円(10/4現在)に満たず、その差は歴然である。

有名なエピソードであるが、ソフトバンクの孫正義氏は、アリババに出資するときに、創業者であるジャック・マーに面会した最初の5分で投資を決めたという。話すやり取りや目つきを見て、動物的な匂いを感じて投資を決めたとのちに語っている。

ソフトバンクの孫さんが、ジャック・マーを「動物」と評価したからなのかは定かでないが、ジャック・マーは、配下の企業に動物ロゴを好んで活用することが多い。ジャック・マーが別名「動物園の園長さん」と称される理由はここにあるわけである。

全てのグループ企業を語ることは不可能であるが、アリババの主要企業を以下に手短に説明したい。時間のない方は、過去記事部分は割愛して読了ください。

 

  • 1、「天猫」(T-Mall)  Eコマース事業。アリババの生命線であり稼ぎ頭。中国最大のBtoCオンラインショッピングサイト キャラクラーは「黒猫」

「天猫」はT-Mallと言った方が日本人には馴染みがあるかもしれない。もともとBtoCサイト「タオバオ」の一部を2012年1月11日に独立化させたものである。現在は、中国最大のBtoC オンラインショッピングモールであり、高品質、高付加価値のブランド商品を中心に信頼あるオンラインショップとしての地位を確固たるものとしている。

tmall icon

アリババの2018年度第1四半期(2017年4月1日から6月30日)までの決算によると、売上は501.84億元(約8500億円)に達し、その中でもこのEコマース事業の売上(天猫とタオバオ)は、430.27億元(約7300億円)に達し全体売上の8割強を占める主要事業である。

天猫(及びタオバオ)を利用したユーザー数は、4億6600万人に達し、中国総人口の3分の1となる計算である。月間アクティブユーザー数は5億2200万人であり、これからから生み出される利益が、アリババグループの新規事業への投資の源泉となり、アリババの成長プロセスを加速させている。

キャラクターの動物は「黒猫」である。「天猫」のCEOである張勇(zhangyong)によると、キャラクターに猫を選んだ理由としては、猫は動物の中で神経質で、食べ物や環境などのクオリティーに対する要求水準が高いことから、消費者へ高度な品質の商品を提供する「天猫」(T-Mall)の象徴としてふさわしいということのようだ。また、中国語で、猫はマオ(mao)と発音しMallの発音と似ていて調和が取れるということも理由であるらしい。

天猫は、毎年11月11日は独身の日(中国名:光棍節)と称して大々的なセールスプロモーションが行われ、ユーザーは狂ったように買い物をすることで知られている。わずか1日だけのお祭りであるが、年々盛大になっており国家イベント的な影響力を持つまでになっている。以下のデータは、2009年から2015年までの独身の日の売上記録である。2016年は1027億元。

Tmall 11/11 sales data

単位は、中国元(億)

 

  • 2、 アントフィナンシャル(蚂蚁金服) 中国のキャッシュレス社会を支える最重要企業。アリペイ及び芝麻信用を運営。 キャラクターは「アリ」

設立はアリペイから社名変更する形で、2014年10月営業開始。キャッシュレス決済の要となるアリペイの運営、管理を行なっている。近い将来の香港市場への単独上場が噂され、周辺が慌ただしい。近年は、グローバル展開を加速しており各国で主要金融機関との提携発表を行ない、アリペイのグローバル化に注力している。

ant financial icon

名前を聞いただけでは、弱々しい響きではあるが、小さなありでも力を合わせれば巨像を倒すことができるという意味合いがあり、従来の金融機関では優良顧客として扱われてこなかった中小企業を主要顧客として、既存の枠組みを超越した社会を変革する金融機関になるという意味合いを込めて名付けられている。名前負けしないように、社会を変革する企業として世界から注目を集めている。

アントフィナンシャルは、主に4つの事業領域を保有している。

ant financial

(1)アリペイ キャッシュレス社会のデジタルモバイル決済。QRコードをスキャンして簡単に決済を実現。

詳細は過去記事:【キャッシュレス社会の衝撃】 第2回 わかる!アリペイの 仕組み! アリペイ(支付宝)/中国

(2)アントフォーチュン 資産運用プラットホーム アプリを通じて様々な金融商品を販売することが出来る。 アリペイに金利がつく余額宝(Yu’EBAO)もこの部門の統括。

(3)   MYbank (浙江省インターネット銀行)2016年6月にスタートした民間初のインターネット銀行

(4)   芝麻信用、信用スコアを提供するサービスで、アリペイと連動して様々なサービスに活用される。

詳細は参考記事:【キャッシュレス社会】芝麻信用(読み方はジーマ信用)とは?杭州では信用を使ってお金を節約できる!

 

  • 3、O2Oを実現する盒馬鲜生(ファーマーションシェン)、「ニューリテール戦略」のモデル店、キャラクターは「カバ」

アリババが提唱する「ニューリテール戦略」のモデル店舗。スーパーマーケットでもあり、レストランでもあり、物流企業でもあり、オンライン店舗でもある4面体。店舗の3キロ以内は30分以内にデリバリー対応してしまうという新しいタイプのスーパーマーケット。現在、出店加速中。

hemaxiansheng icon

詳細は、過去記事参照:【アリババニューリテール戦略の全貌】第3回:盒馬鲜生(ファーマーションシェン)は4つの複合体O2Oスーパーマーケット|アリババ

  • 4、旅行業務を統括するワンストッププラットホーム 「飛豚旅行」 現在旅行業界第3位 キャラクター「豚」

飛豚旅行は、国内外の格安航空券、交通機関の乗車券、ホテル宿泊、ツアー旅行、ビザ取得、レンタカーなどを総合的に扱う旅行業務を統括している。中国の旅行業界は、第1位がQunar, 第2位がCtripが圧倒的な力を有していたが、現在、業界第3位の「飛豚旅行」が成長を加速している。利用者数は現在2億人を超えアプリの訪問者数は1日で1000万人にのぼる。

fliggy icon

キャラクターの豚は、香港の有名な漫画キャラクターから採用されており、その漫画で豚のキャラクタがーが世界中を旅したいという夢を語っている。

また、この企業が、現在マリオットとのスマートホテル事業を展開する役割を担っている話題は、以前取り上げた。

過去記事参照:IOT時代のホテルビジネス、アリババが世界最大ホテルグループ「マリオット」と提携しスマートホテルの実験開始。

 

  •  5、菜鳥網絡(ツァイニャオネットワーク)  アリババの物流を一手に担うハイテクロジスティック企業 無人化ロボット製造もこの企業が担当 キャラクター「鳥」

菜鳥というのは、鳥を意味する言葉であるが、中国では新人さん、つまり未熟者であるという意味合いを含んで使われることが多い。ジャックマー曰く、「誰もがインターネットビジネスの前では初めは未熟者であった。自分自身もそうであったし、テンセントのポニー・マー、百度の李彦宏も皆がそうであった」と。だから、物流業界の未熟者から共に切磋琢磨して、未来を切り拓こうという意味合いを込めて社名に菜鳥が採用されたという。

cainiao icon

2013年5月28日の設立。当初は、アリババが21.5億元(357億円)を投資し43%の保有割合であったが、その後アリババがさらに53億元(900億円)の増資を引受け持ち株比率を51%まで高めて完全子会社化している。さらにアリババは、今後の5年間で追加で1000億元(1兆7000億円)にも及ぶ資金を投入しグローバル物流ネットワーク網を構築するという。中国国内であればどこでも24時間以内で配送完了。国際配送の場合にもどこの地区でも72時間以内に配達完了させることを達成するという。

海外では、効率的な物流を実現するために物流拠点となる巨大倉庫の建設にも力を入れており、スペイン、フランス、ロシアなどでは、既に大型のハイテク倉庫を完成させ稼働させている。アリババのEコマース事業のグローバル展開と合わせて、物流網もグローバル化を加速するわけである。2017年には、既に中国から東南アジアの一部に置いて、既に72時間以内のデリバリーサービスを実現しているという。 菜鳥網絡は、アリババの主戦場であるEコマースを裏で支える重要な企業である。

 

  • 6、中古品の有効活用を促進するサイト、キャラクター「魚」

中古品の売買をサポートするプラットホームを運営する企業である。会員は、天猫やタオバオの会員IDをそのまま用いて、自身が保有する中古品の売却を可能とする。天猫での購入履歴があれば、購入時の情報を活用して販売手続きを簡略化できるし、購入履歴がなくとも、自分で商品を撮影するなどして商品登録して販売することも可能である。

xianyu icon

2016年5月には、オークションサイトと合併したことによって、中古品販売サイトと、オークション形式を一体化させた複合サイトを運営している。

 

  • 7、その他の事業:「蝦米音楽Shrimp」「千牛」「神马搜索】

その他にも、馬のキャラクターをモチーフとしたネット検索事業を手がける「七何」、エビのキャラクターをモチーフとした音楽配信プラットホーム「蝦米音楽Shrimp」、牛をモチーフとしたEコマースの出店運営者をサポートするシステム提供(チャットシステムや注文管理システム)を手がけている「千牛」などの企業がグループに存在する。いずれもが動物をモチーフとしたロゴを活用しており、ジャック・マーが動物園の園長だと言われる所以をご理解いただけたであろうか。

 

GlotechTrends(グローバルテクノロジートレンド)としては、今度もアリババに関する情報を皆様にお届けしていく予定である。