アリババとテンセントで加速する多角化戦略「選択と集中」を無視した企業戦略は暴走なのか?それとも新しいビジネスモデルの誕生なのか?

アリババとテンセントの本業の好調が続き、その利益で新分野への投資が加速している。金融、エンタメ、Eコマース、医療、ホテルなど広範な領域に及ぶ。「選択と集中」を説いた経営の神様ピータードラッカーが生きていたら、なんという言葉でこのビジネスモデルを評価するだろうか?

 

  • BATからアリババ、テンセントの二大巨人の時代へ! 

もはやBATの一角を占めた百度を遥か後方に置き去りにして、アリババとテンセントの二大巨人の快走が続く。一昔前はBATという言葉で三社が対等に評価されていたが、今は完全にアリババとテンセントの二大巨人の時代に突入した。

先に時価総額を確認しておきたい。10月17日現在アリババの時価総額は4490億USD(50兆5000億円)、テンセントは3.37兆HKD(48兆4000億円)、それに対して百度の時価総額は937億USD(10兆5000億円)である。2大巨人の急成長の前に百度は2割程度の規模感になってしまった。

次に売上であるが、アリババが251億USD(2兆8000億円)テンセントが221億USD(2兆5000億円)、百度が100億USD(1兆1200億円)、最終利益に関しては、アリババが65億USD(7300億円)、テンセントが62億USD(7000億円)、百度が17億USD(1900億円)となっている。

時価総額及び財務数値を見ても、アリババとテンセントが百度との差を急速に広げているのがわかる。既に中国は完全に二大巨大の時代へ突入している。

 

  • アリババとテンセントが加速させる多角化経営

アリババとテンセントに現在注力している共通する経営戦略がある。それは、「多角化経営戦略」である。両社が生み出す巨額な最終利益の大半を企業買収戦略に振り向け、本業とは異なる事業領域へビジネス参入しているのである。

日本人、とりわけバブル経済の負の影響を体感した世代は、多角化経営に失敗した有名経営者を反面教師として企業経営を学んだ経緯がある。経営の神様ピータードラッカーから「選択と集中」という経営戦略を疑いもなく学び、中核となる本業を選択しその周辺領域にリソースを集中的に投下して企業としてのコアコンピタンスを強化するというのが企業経営の正解であると疑いもなく信じきっている。

ところが、今のアリババとテンセントは手当たり次第と言って良いほど、事業領域を拡大している。医療、エンタメ、金融、分野、旅行など、、、本業とは無縁とも思える分野に巨額の投資をつぎ込んでいる。このやりたい放題の状況をピータードラッカーが生きていたならば、なんという言葉で評価するのか大変興味深いところである。

 

  • 二大巨人のM&A動向

2大巨人の企業買収に関する動向をみておきたい。アリババは、直近5年間で総額419億USDを企業買収に投入しており、このうち2016年に135億USDを投資している。2016年の総収入の56%を企業買収に投入している計算である。一方、テンセントは直近5年間で総額625億ドルの資金を企業買収に投資し、うち2016年度の投資額は213億ドル、同年の利益水準の97%を投資に向けたこととなる。とりわけ、両社とも、エンタメ、金融、Eコマースという分野で積極的にM&Aを行なっていることが理解できる。

ちなみに、アメリカのIT企業のM&A動向は、より本業とシナジーを直接的に発揮できる事業分野への投資額が大きい。中国2大巨人とアメリカの巨大IT企業のM&A戦略は、そういう点で大きく異なっている。

 

  • 「ビッグデータポートフォリオモデル」新しいビジネスモデルの誕生か?

アリババの現在の本業といえば、Eコマースである。一方のテンセントの本業はゲームである。アリババはその売上の85%以上をEコマースから稼ぎ、テンセントはその46%をゲーム事業の収益から獲得している。それだけで、もう十分な優良企業であり、少なくとも現段階では、アリババではEコマースが本業でありテンセントではゲームが本業であることは間違いない。

その一方で、アリババの創業者であるジャック・マーは事あるごとに、現在は産業革命の真っ只中であり、その源泉はビッグデータであると繰り返し発言している。AIがビッグデータを解析することで次々と新しいサービスが誕生しているのである。

二大巨人が、数年後にビッグデータを活用してあらゆる産業に革命を起こすことを本気で狙っているとするならば、両社が積極的に行なっている企業買収の先の世界がおぼろげながら見えてくる。

この両社の共通項は、Eコマース、アリペイやSNS、WeChatPayなどを通じて十分な生きたビッグデータを取得できる点である。問題は、これらのビッグデータを有効に活用できる出力先としてのビジネス領域が必要である。だから、ビッグデータの活用先としての企業買収を積極的に行い、事業ドメインを拡大しているように思える。一見何の関係性もないように思えるエンタメ、医療、金融、旅行などすべての業界がビッグデータを活用してリンクしてくるのである。

これからの企業経営は、ビッグデータをいかに効率よく取得しいかに効率よく活用するかが鍵となる。「ビッグデータポートフォリオビジネスモデル」とでもいうべきか、つまり同一企業が、ビッグデータ取得と、それを解析した出力を同時に出来れば、効率よい経営が可能となる。取得したビッグデータを分析し、より付加価値をつけるためには、取得事業と出力事業が同じ領域である必要もない。ビッグデータをキーとして、バランスよくポートフォリオ化されたビジネスドメインを保有することが大切となる。

実は、アリババとテンセントは、ビッグデータというコアコンピタンスを既に見つけ企業経営戦略の中核を「ビッグデータを活用したAIによるIT革命」と位置付けて動き出しているのではないだろうか。アリババとテンセントが、現在M&Aを展開している全ての産業において、ビッグデータ革命を実現してしまうとするならば、現在の両社の時価総額をさらに凌駕する企業に変貌を遂げて可能性を秘めている。

ビッグデータがあれば何でもできる。「ビッグデータを活用したAIによるIT革命」が我々のコアコンピタンスであり、事業領域は無限です。そんな企業が10年後の世界時価総額ランキングの1位に君臨しているのかもしれない。そういう意味でも、二大ジャイアントの動向に今後も注目して行きたい。