アリババグループのニュー・リテール専門会社が正式稼働!Ele.me(ウアラマ)と口碑(コウベイ)が統合!

10/12 アリババグループCEOである張勇(ダニエル・ジャン)は、Ele.me(ウアラマ)と口碑(コウベイ)を統合したライフサービス専門の新会社の設立を正式に発表!ユーザーへのデリバリーをEle.me(ウアラマ)が担当し、店舗への誘導を口碑(コウベイ)が担当する。

 

アリババグループ内にニュー・リテール専門会社誕生へ!

10/12 アルババグループのCEOである張勇(ダニエル・ジャン)がEle.me(ウアラマ)と口碑(コウベイ)を統合したライフサービス専門の新会社の設立を社内にて正式発表したようだ。これで、かねてより噂のあったアリババのニュー・リテール専門会社が正式にローンチすることになった。今後もEle.me(ウアラマ)と口碑(コウベイ)の両ブランドはそのまま活用されることになり、ユーザー目線で何か変化が生まれることはなさそうで、アリババグループのパートナーである王磊(ワンライ)氏が最高経営責任者(CEO)に就任するという。

以前より噂されていた内容では、ユーザーへのデリバリーを担当するEle.meと、店舗への誘導を担当する口碑(こうべい)に加えて、盒馬鲜生の3社が合わせてニュー・リテール新会社へ移行と言われていたが、盒馬鲜生の統合はひとまず見送られた形である。

参考記事:

アリババがニュー・リテール関連企業を統合?Ele.me、口碑、盒馬鲜生がニュー・リテール新会社へ移行か?

 

アリババグループ内で4匹目のスーパーユニコーンが誕生?

アリババグループ内には、アントフィナンシャル(金融部門)、アリババクラウド(クラウドコンピューティング部門)、CaiNiaoロジスティック(物流部門)と3つのスーパーユニコーンが存在しているが、新しく4匹目のスーパーユニコーン企業誕生が確実するのは確実である。

Ele.me(ウアラマ)のサービスについて簡単に確認しておきたい。中国国内で既に676都市、350万超の店舗をカバーし、毎月のアクティブユーザーは66万人超、バイクを活用したエンドユーザーへの快速デリバリー業務を担当している。一方の口碑(コウベイ)は、毎月のアクティブユーザー数1億6700万人を誇り、地域に密着しユーザーの店舗への送客・誘導業務を担当している。

 

Ele.me(ウアラマ)は、食事のテイクアウトデリバリーだけではない!

中国のライフスタイルに関連する市場は急速に拡大している。テイクアウト市場だけをみても、過去2年でその市場規模は50%増加しており、2020年までに現在の2倍の市場規模(8,720億元)に到達すると試算されている。最近ではEle.me(ウアラマ)は、食事のテイクアウトデリバリー以外の分野にも進出し、スターバックスのコーヒー、香港を本拠とする大手ドラッグストアチェーン「Watsons」、天猫小店(コンビニ)、ニュー・リテールを展開する盒馬鲜生やRT-Martなどと提携しデリバリー対象業務を拡大している。アリババグループが展開するビジネスと密接に関連し、アリババのエコシステムの拡大に追随する形で業務を拡大し成長を加速させているのである。  

 

今年の独身の日には、Ele.me(ウアラマ)と口碑(コウベイ)も参加!

今年も、中国最大のEコマースの祭典である独身の日(11/11)がもうすぐやってくるが、今年の独身の日には、Ele.me(ウアラマ)と口碑(コウベイ)も初めて参加することとなった。

口碑(コウベイ)が提供する映画や芝居などのエンターテイメントチケット、スポーツ観戦チケット、カラオケやボーリング施設利用券や、Ele.me(ウアラマ)が展開するスターバックスデリバリー、薬品デリバリーなども独身の日の対象商品となっていくようだ。

10月20日から11月18日までの長期間にわたり独身の日が開催されるわけであるが、今年の独身の日(11/11)も昨年を超える売り上げを記録するのはほぼ確実と言って良いだろう。

Ele.me(ウアラマ)と口碑(コウベイ)が独身の日に加わり、どのような新しいサービスを展開するか楽しみである。

Facebook
Twitter
Email
Print