アリババ主催ビジネスコンテスト「Create@」で躍動した日本スタートアップ! ①「木のぬくもりを感じる優しいIOTデバイス」mui Lab(京都)

mui Labは京都に本社を置くユニークなIOTデバイス開発企業。「Create@」ファイナルでは共同創業者の廣部延安氏が熱いピッチを展開!mui Labの語源となる無為は自然との調和を唱える中国老荘思想(自然無為)と共通語源を有し中国の観客からも大きな共感を呼んだ。

 

アリババクラウドが主催するスタートアップコンテスト「Create@」とは?

11/14-15日の2日間において杭州にてアリババクラウドが主催するスタートアップビジネスコンテストCreate@ファイナルが開催された。ファイナルの会場となった杭州未来科学科技城国際会議センターは、ゲスト2000人(Invitee)で満席となり、インターネットからも43万人を超える視聴者が閲覧したという。

Create@は中国最大級のスタートアップビジネスコンテストとも言われ、その注目度は年々高まっている。第1回の2015年大会からスタートし4回目となった今年の大会には、世界40都市以上から3000社以上のスタートアップが参加し世界規模で激しい予選大会が展開された。優秀賞には賞金の他にアリババグループはじめ著名VCなどから強力な支援が得られる可能性が高く参加者の本気度も高いのである。

Create@開会式の様子、会場にてGlotechTrends撮影

写真 SBクラウド提供資料より抜粋

今大会は杭州でのファイナルステージに進出できた企業はわずか53社となった。ファイナルまで勝ち進むことが出来る企業は、全参加者の1.5%程度という狭き門なのだ。この中でmui Labはファイナリストとしてファイナルへ勝ち進んだ日本企業2社のうちの1社なのである。mui Labは10月上旬に開催された東京1次予選を2位で勝ち抜け、10月下旬に中国蘇州で開催された2次ラウンドでも3位に入賞し予選ラウンドを勝ち抜いたのである。

 

mui Labが提供する 無為自然(自然のままに)を尊重するIOTデバイス!

Create@ファイナルのピッチでmui Labに与えられた時間は質疑応答を含め4分間である。最前列に陣取る審査員にはアリババ幹部や中国の著名VC関係者など総勢30名-40名ほどが真剣な表情で舞台を見つめている。

mui Labのピッチを行うのはCEO大木和典氏と共にmui Labを創業し現在クリエイティブダイレクターとして製品開発を率いる廣部延安氏である。

ハッピ姿でステージに登場した廣部氏は、最初にプロダクト紹介ビデオを放映した。mui LabのユニークなIOTデバイスは口頭で説明するより映像で訴えかけるほうが効果的だと判断したようだ。廣部氏の狙い通り、見たこともない風変わりなIOTデバイス映像の登場に会場の雰囲気が一気に柔らかくなった。

Create@ファイナルにてピッチを展開するmulLab廣部氏。会場にてGlotechTrends撮影

mui LabのIOTデバイスは、表面的には単なる木製ボードにしか見えない。しかしLEDディスプレーが内臓されており手で触れるとディスプレー画面が浮き上がり、メッセージが映し出される。家電操作、温度測定、ニュースの受信、天気予想などの情報表示など、あらゆるタスクを実現する不思議な木製のIOTデバイスボードなのである。IOTデバイスとしての用途が完了すれば、単なる木材として部屋に調和し自然なオブジェとしての役割に戻るのだ。まさに、木のぬくもりを感じる優しいIOTデバイスなのである。

(mui Labオフィシャルwebsi teより画像を転載)

自然とテクノロジーが融合し、人間はテクノロジーを意識せず、自然と調和するというmuiのコンセプトが会場に十分に伝わったと言えるだろう。

ピッチを聞いた中国人に感想を聞いてみると、mui Labの社名であるmui(無為)は、中国語でも同様の意味があり非常にメッセージ性の高い良いネーミングだと言う。読み方こそ、無為(ウーウェイ)と発音し異なるが、老荘思想に由来し自然のままに生きなさいという意味なのだという。中国でも、mui Labが提唱する自然とテクノロジーの融合というコンセプトは、大いに共鳴され受け入れられる可能性がありそうだ。

mui LabさんKickStarter (ビデオ映像あり)

 

廣部延安氏のインタビュー「ライフスタイルの全てをmui化したい」!

Create@ファイナルで見事なピッチを展開したmui Lab共同創業者でありクリエイティブダイレクターである廣部延安氏にピッチ直後にインタビューさせて頂くことが出来たので簡略にまとめてみたい。

Create@ファイナル1日目終了後の写真GlotechTrends撮影、mui Lab廣部氏は中央最前列

(聞き手) お疲れ様でした。堂々としたピッチでしたが、ピッチを終えた感想を聞かせてください。

(廣部氏)

CEOの大木はアメリカでの生活も長く、海外でピッチする機会が多いのですが、私はCreate@が英語でピッチする最初の体験で緊張しました。実はステージの裏で若手芸人のように何度も練習してました。質問に対する受け答えの部分をもう少し上手にやりたかったけどそれ以外は満足です。

(聞き手) 全然、緊張している風には見えませんでした。中国の印象や今後の中国でのビジネス展開計画などお聞かせください。

(廣部氏) 

前回2次予選の時に蘇州(江蘇省)を初めて訪問しました。蘇州を案内してくれる方が、テクノロジーパークや産業センターなど出来たばかりの綺麗な最先端の施設を案内してくれるんですが、それと同時に歴史とか文化とか自然とかのお話を、かなり長い時間を割いて色々と説明してくれるんです。決勝の都市となった杭州(浙江省)でも、人工知能パークや、起業家が集まるドリームタウンなど先端テクノロジーの場所を訪問したんですが、やっぱりそれと同時に歴史や文化に触れる機会が多いのです。今朝も杭州にある世界遺産の西湖の近くを散策してみたのですが、木がいっぱいで湖があって、とにかく自然がいっぱいなんです。

日本は、海や山といった自然がたくさん溢れていて、そういう環境の中でテクノロジーが自然と融合してクリエイティブなインスピレーションが誕生してくると思うんです。杭州でも最先端のテクノロジー空間と自然がうまい具合に融合して日本に似ている部分があるのかなぁと感じました。クリエイティブなものはごちゃごちゃした混沌の中でも生まれてくると思うんでうすが、ここ杭州でもそういうのを感じました。

杭州の西湖の近くの森を散策していれば自然に触発され、良いインスピレーションが誕生するのではないかと。mui Labは、現在少数精鋭体制なので、今すぐに中国へ進出してリソースを投入するわけには行きませんが、製品製造とプロダクトセールスという両方をターゲットとしてチャンスがあれば可能性を見て行きたいです。中国で製造して中国で販売するというのはビジネスモデルとしてはシンプルでいいなと思っています。今回の中国訪問を良い機会として、中国で良いパートナーさんが見つかることを楽しみにしています。

(聞き手)  最後に御社の中期的なビジョンを聞かせてください。

mui Labの社員同士で話すときに「mui化する」とか「それってmuiだよねー」みたいな表現を使うんです。例えを言えば、そこにコーヒーメーカーがあるじゃないですか。(部屋にあるコーヒーメーカーを指差しながら)あれって、別に人間がコーヒーメーカーまで行ってボタン操作しなくても、なんかしらの信号やセンサーでコーヒーメーカーが自然に人間の意図を汲み取って、コーヒーを勝手に作って持って来てくれたら「それってmuiだよね。」という世界観だと思うんです。言葉で伝えるのなかなか難しいのですが、見えないところから何かが湧き上がり、必要なくなったらふっとなくなる、そんな行為そのものを広げていきたいというのがmui Labの思いなんです。テクノロジーと空間が調和しているような世界って面白いなぁって思うんです。

mui Labの製品はIOTデバイスに関する国際特許を抑えているので、この技術を活用して色々な製品に応用することが可能だと考えています。それが、自動車関連製品なのかあるいはスマートホーム関連製品なのか、現段階ではわかりませんが、対象となるマーケットは大きくて、IOTっていう言葉を意識しなくても自然にテクノロジーと自然が調和するような空間を提供していければと考えています。

(聞き手)

Create@ファイナルの決勝が終わった忙しい中でインタビューありがとうございました。基本テクノロジーに関する国際特許も抑え、応用範囲も無限に可能性があるmui Lab製品の今後の展開が非常に楽しみです。廣部さんは、ご両親も中国に滞在されたご経験があり中国に親近感があると聞いております。是非、中国でのビジネス展開が拡大するよう心より願っております。

(Kickstarterにてクラウドファンディング実施中!)

mui Lab11月にはCES2019イノベーション賞も受賞!現在Kickstarterにてクラウドファンディング実施中!

Facebook
Twitter
Email
Print