9月8日に行われたアリババの年次総会、参加者4万人そこで語られたジャック・マーの夢とは?世界5番目のアリババ経済圏の構築へ|アリババ

毎年恒例のアリババ年次総会が9月8日の夜、杭州最大のサッカー競技場を貸し切って盛大に行われた。世界21カ国から4万人が参加し、杭州の街は国際都市となった。ジャック・マーのスピーチ内容も交えて速報をお届けする。エンターテイメント色強いイベント,参加者にIOTリストバンドを配布、ダンスに合わせて映像を構成

 

  • たった一夜の年次総会に4万人が集結、ホテルだけで7000室を用意

かつてサッカー日本代表監督岡田武史さん、フィリップトルシエ氏、現在は韓国のスター洪 明甫(ホン·ミョンボ)氏が監督を務めている杭州緑城というプロサッカーチームがある。そのチームが本拠地とするのが杭州黄龍体育中心(杭州黄龍体育センター)である。昨晩この杭州黄龍体育中心を貸し切って、盛大にアリババグループの2017年度の年次総会が開催された。

 

アリババグループの全社員5万人超のうち、抽選で4万人強に絞り込み、21カ国から800人の外国人スタッフと中国国内のスタッフ4万人がこのイベントのためだけに杭州に集結した。

このイベントのために使用された交通機関、ホテルなどは以下のような数字に及ぶという。たった一夜の年次総会でこれだけのイベントを行うスケール感には、驚くほかない。

1、国際線、国内線合わせて航空会社数10社を100便

2、中国の新幹線35便、このうち14便がアリババ社員だけに専用に用意されたチャーター新幹線

3、バス1700便、杭州市内移動用のバス400台

4、ホテルは100件以上、7000部屋。

5、ミネラルウォーター12万本

6、現場の運営を行う協力スタッフ2000人。(社内外含む)

 

  • エンターテイメント色強いイベント,参加者にIOTリストバンドを配布、ダンスに合わせて映像を構成

オリンピックの各国代表入場行進を模して、アリババやアントファイナンスやタオバオやTmallなどそれぞれの部署が順番に入場行進しながら会場に入ってくる。ユーモア溢れる演出で始まり、お祭り好きな中国人の特性からしても、全体的にエンターテイメント性の強いイベント構成となっている。

入場行進 盒马鲜生(ファーマーションシェン)チーム

alibaba annual party ali cloud アーリークラウドチーム

alibaba annual party gaode map アリババチーム

 

alibaba annual party cainiao logisticsアリババ物流チーム(菜鸟物流)

全ての参加者にIOTを搭載したリストバンドが配布され、その一つ一つが画素を形成し、4万人が歌やダンスに合わせて大きな映像を構成し、会場全体が大いに盛り上がったという。

alibaba annual party wristbands

alibaba annual party wristbandsalibaba annual party wristbands

アリババの創業者のジャック・マーもマイケルジャクソンに扮するなど創業者も一緒になってエンターテイメントを楽しんだ。

alibaba annual party performance 1

 

  • 年次総会でジャック・マーが語ったアリババの今後の野望とは

イベントが最高潮に達し、最大の盛り上がりを見せた終盤、創業者ジャック・マーが自らマイクを持ち今後のアリババのビジョンと彼の夢を従業員に語り始めた。その部分を要約してレポートしたい。

alibaba Jack ma cosplay MJマイケルジャクソンに扮したジャック・マー

 アリババは、18年前、杭州城西湖畔で生まれました。

その時、わずか18人の従業員だけでした。今日、事業は拡大し、現在は68カ国で、54421人の従業員がともに働いてくれています。ありがとうございます。

私たちはこの時代、インターネット、中国、すべての同僚、アリババと共に時間を過ごしてくれた全ての人に感謝したいと思います。私たちの最大の資産は、従業員です。

今日のアリババは既に普通の会社ではありません。新しい経済圏を生み出す新しいビジネスモデルを作り出す会社です。

以前の経済は、地理的要素に基づいて分断されていました。北米であったり、EUであったり、カリフォルニア経済圏といった地域で分断されていたのです。

しかし今日の新しい経済圏は、インターネットによって生み出されました。この新しい経済体の中核をなしているのは、世界中の世界の若者や中小企業運営者です。

我々は、世界中の若者や中小企業運営者の人々が、我々と共に自由貿易とグローバル化の恩恵を享受でき、楽しめるようなプラットホームを提供し続けたいと願っています。

今後も、我々はテクノロジーの進歩を楽しみながら、世界の若者や中小企業運営者の人々と創業の喜びを共有できることを期待しています。

創業19年目となった今日は、アリババ経済圏は、既に世界で21位の経済大国と類する規模となりました。今後の新しい19年で、世界5位の経済大国になれるよう皆さんと共に歩んでいきたいと願っています。1億人の雇用を世界的に創出し、20億人の消費者をサービスを提供し、1000万の中小企業の利益を創出するためのプラットフォームを提供し続けることを希望します。

私たちの社員は謙虚でなければなりません。アリババは世界の未来を担当し、世界の問題を解决する会社になります。私たちの従業員はまず自分に対して責任ある行動を行い、家族に対し責任ある行動をし、コミュニティーに対して責任を持たなければなりません。

新しい経済圏の考え方は、世界をより持続的に発展させ、個人が健康で人間らしい生活を楽しみながら成長することが可能であると確信しています。単なるお金を稼ぐ機械になるのではなく、理想主義を持ってより良い世界の発展のために責任のある行動をする義務があるのです。

以上、簡単にジャック・マーのコメントを要約した。

ジャック・マーが以前にも増して世界という単語をたくさん使っていることがわかる。アリババの世界戦略への流れは加速している。

 

今後もGlotechtrends(グローバルテクノロジートレンド)として、引き続きアリババの戦略に注目していきたい。