人工知能

人工知能 AI

【アリババのニューマニュファクチュア戦略の全貌】第1回IOT+人工知能+クラウドコンピューティング+モバイルアプリの融合?

2018年の雲栖大会(The Computing Conference)は、2016年同様に再びジャック・マーから新時代の幕開けを予感させる大コンセプト「ニューマニュファクチュア(新しい製造業)」が発表された。ニューリテール戦略の次なるアリババのターゲットは製造業だ。 [...]

【雲栖大会(The Computing Conference)】雲栖大会のKFCに人工知能による音声認証注文KIOSK 端末登場!

9/19-22までに開催された雲栖大会(The Computing Conference)の会場内のKFCにおいて、アリババクラウドが人工知能を搭載した音声認証注文KIOSK端末導入した。ユーザーは欲しい商品を口頭で伝えるだけで注文可能だという。前評判通りの優れものなのであろうか。 [...]

【雲栖大会(The Computing Conference)】探訪記② アリババグループ内で存在感を高めるアリババクラウド(阿里云)

雲栖大会の初日午前セッションでジャック・マーよりも存在感を示した人物がいる。アリババクラウド(阿里云)CEOサイモン・フー(胡暁明)だ。アリババの事業戦略がデータ依存を高める中で必然的にクラウド事業者であるアリババクラウドの重要性が高まっている。サイモン・フー只者ではなさそうだ。 [...]

アリババのDAMOアカデミー (达摩院)は道路にセンサー設置し自動運転に必要な情報を共有?

9/6 アリババDAMOアカデミー (达摩院)は、政府機関である「交通運輸部公路科学研究院」と共同で車路協同連合実験室を設立。DAMOアカデミーが取り組む自動運転開発と同時に、道路(インフラ)を自動運転化対応することに取り組むようだ。自動運転に即したインフラ構築は確かに重要そうだ。 [...]

AIとIOTを融合した「AIOT」分野のパイオニア!ユニコーン企業「TuyaSmart」のIOTプラットフォーム戦略とは?

TuyaSmartというIOTサービスを展開する中国のユニコーン企業をご存知だろうか?TuyaSmartが展開するのは人工知能を活用した双方向対話型のグローバルIOTプラットフォームである。この仕組みを活用すれば低コストで容易に製品のIOT化が可能なため世界の注目を集めている。 [...]

Googleの中国ビジネス復帰が一歩前進?7/18 Googleが人工知能ゲームをWeChat MiniApps上で配信スタート!

7/18、GoogleはWeChat上で稼働する小程序(WeChat MiniApps)を活用して人工知能ゲーム「猜画小歌」をリリースした。Googleは昨年来中国ビジネスのレイアウト変更を積極的に行い中国企業との提携を深めているが更に一歩前身である。Googleが中国ビジネスを再開する日がやって来そうな予感である。 [...]

7/18米半導体企業ザイリンクスが中国ユニコーンAIチップ企業の「DEEPHi Tech」を買収!

7/18、米サンノゼを拠点とするザイリンクス(Xilinx )が中国三大AIチップ(半導体)ユニコーンの一つであるDEEPHi Tech(深鉴科技)の買収を発表。米中貿易戦争の影響なのか、買収劇を巡り様々な憶測が飛び交っている。米中間でAIチップ業界の動向が騒がしくなってきた。 [...]