人工知能

人工知能 AI

2020アリババ雲栖大会(Apsara Conference 2020)でクラウドコンピューターがリリース

毎年、杭州で開催されるアリババグループ最大のテクノロジーイベント「雲栖大会(Apsara Conference 2020)」が9月17日に開幕した。今年は新型コロナの影響により完全オンライン開催となったが、デジタルトランスフォーメーション事例や新プロダクト発表など充実した内容となっている。 [...]

聖マリアンナ病院がアリババクラウド、エムスリー、NOBORIと協力し新型コロナ遠隔胸部CT検査を開始!

3/31、聖マリアンナ医科大学病院(神奈川県川崎市)は、中国のテクノロジー企業であるアリババクラウドと医療従事者向け情報発信プラットフォームとして近年急成長を遂げているエムスリー株式会社(東京都港区、谷村格社長)、NOBORI (東京都港区、依田佳久社長)などと協力し、無償で新型コロナウィルス感染症疑い症例の診断を支援する遠隔胸部CT検査画像診断サービスをスタートさせた。 [...]

アリババが提供するオフィスサービアプリ「DingTalk(釘釘)」が新機能を無償提供し日本企業のテレワーク支援!

3/4、アリババグループは日本の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大防止に伴うテレワーク対応を支援するため、企業向けコミュニケーションとモバイルオフィスサービスである「DingTalk(ディントーク、釘釘)」の新機能を無償提供し日本企業を支援すると発表した。中国のテレワークNo1アプリ「DingTalk(釘釘)」が日本市場でも広がりを見せるのかもしれない。 [...]

新型コロナウィルス(武漢肺炎)の流行下で、中国テクノロジーはどのように活用されているのか?

依然として猛威を振るう新型コロナウィルス(武漢肺炎)であるが、武漢とその周辺地区だけでなく、温州、寧波、南京など多くの都市も行政管理下に置かれ、外出もままならない状況となっている。こうした状況下において、どのようなテクノロジーが活用されているのを見ていきたい。 [...]

武漢肺炎(新型コロナウイルス)の診察に平安好医生などの中国医療プラットフォームはどう活用されているのか?

1/30午前時点で武漢肺炎(新型コロナウイルス)の感染者は7,742人、感染を疑われるケースが12,167事例指定されており、今後も拡大が続く見込みだ。現地病院施設では次々と診察にやってくる患者に対し、劣悪な環境下で長時間待ちを強いるなど、満足な治療ができていないのが現状である。こうした状況下で阿里健康、平安好医生、微医など中国の巨大医療プラットフォームはどう機能しているのだろうかを追ってみた。 [...]

天猫ダブルイレブンでアリババクラウド開発のAIチャットボット「阿里小蜜(アリシャオミー)」が大活躍! 

天猫ダブルイレブンにおいて、今年もアリババクラウドが提供する「阿里小蜜(アリシャオミー)」が大活躍した。タオバオ(Taobao)および天猫(Tmall)におけるオンラインからの顧客問合わせの97%をAIチャットボットである阿里小蜜(アリシャオミー)が処理したという。既に21カ国語に自動翻訳できる驚異のツールとなっており、今年の天猫ダブルイレブンでは約16億6,000万回の翻訳機会が記録され、2,000億語以上の単語が中国語から他言語に翻訳された。 [...]

平安好医生(PingAn GoodDoctor)を活用して受診!20分で診察完了、診察結果は日本の有名医療機関と一致!

現在3億人が活用すると言われる中国最大のメディカルプラットフォームと言われるのが平安好医生(PingAn GoodDoctor)である。目の上にちょっとしたシミができてしまったので、平安好医生(PingAn GoodDoctor)のアプリを活用し診察を受けてみることにした。20分で診察完了、しかも結果は2週間前に診断を受けた東京の医療機関と一致。このアプリが3億人のユーザーを惹きつけるのは納得だ。 [...]

ニトリがSBクラウド提供の本格中国デジタルトランスフォーメーション「Image Search(イメージサーチ)」導入スタート!

10/28、家具インテリア最大手のニトリは5年ぶりにモバイルアプリのアップグレードを行い、アプリのトップ画面に人工知能を活用した画像認証による商品検索機能「Image Search(イメージサーチ)」を搭載した。この機能を活用すれば、ユーザーはアプリから気になる商品を撮影しアップロードするだけで自動検索し該当商品に辿り着くことが出来る。スマートな近未来型ショッピングスタイルが登場したと言えそうだ! [...]